包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

包茎手術後の、シャワーや入浴は?


包茎手術をした後、シャワーや入浴はいつくらいからできるのか、気になるところです。   これはクリニックの判断によって異なります。   包茎手術の種類や、手術の方法によって変わってくるからです。   シャワーだけなら手術当日から許可しているところもありますが、平均すると手術翌日から許可を出しているクリニックが多いです。   当日はまだ傷口が固まっていないことがあり、広がってしまう恐れがあるためです。   入浴に関しては、手術後一週間経ったくらいから入れます。   ただし傷の治りが良くない場合は、もう少し入浴を控えた方が良い場合があります。   睡眠不足や飲酒は免疫低下につながり、傷口がなかなか治らない原因となることがあります。   手術後はあまり頑張らず、ゆっくり休みを取る必要があります。  

 

タグ :

包茎治療の基礎知識

包茎手術の後、スポーツはいつからできるか?


普段スポーツをされる方は、包茎手術をするとスポーツはいつからできるか?と聞かれる方が多いです。   包茎手術を希望されるのは、十代後半や二十代の方が多いので、そのような質問が出るのは当然です。   包茎手術後は3週間から4週間ほど、スポーツを控える必要があります。   なぜかというと、体を動かすことによって傷口が開いてしまうことがあるからです。   また汗をたくさんかく激しいスポーツや、水に濡れる水泳などの場合、傷口が炎症を起こすことがあります。   このようなことをあらかじめ認識した上で、手術の時期を決めるとよいと思います。   日常的にスポーツをされている方は、少し休まなくてはいけません。   ちなみに歩く程度の激しくないスポーツであれば、特段問題はありません。  

 

タグ :

包茎治療の基礎知識

包茎手術は保険適用になる?


包茎手術の際の健康保険の適用ですが、残念ながら仮性包茎の場合は適用になりません。   カントン包茎や真性包茎のケースでは、生活に支障をきたすという判断基準で病気扱いとなりますので、保険が適用になります。   健康保険が適用されると、自己負担する分は1万円から3万円くらいになります。   ただし保険適用ができるのは、泌尿器科での手術のときだけです。   美容外科などの包茎手術を専門にしているクリニックの場合、保険適用にはなりません。   泌尿器科での手術は、背面切開法や環状切開法と呼ばれる手術になります。   背面切開法は包皮に切れ目を入れる手術で、皮を短くする手術ではありません。   あくまで真性包茎やカントン包茎といった生活に支障のある状態から、仮性包茎にするまでの手術になります。  

 

タグ :

包茎治療の基礎知識

子供の包茎手術


世界では子供の包茎手術が一般的に行われている国があります。   しかし日本ではあまり子供の包茎手術を考える人は少ないです。   一応法律では親権者の承諾があれば、未成年でも包茎手術ができるようになっています。   昔に比べて今の母親は、子供の包茎を早く治すべきだと考えている方が増えています。   包茎にも種類があり、皮が完全にかぶっていて亀頭部が露出できない真性包茎の場合、セックスもできませんし日常生活に支障をきたすため、包茎手術が必要です。   しかし陰茎は一般的に18歳まで成長し続けると言われています。   18歳まではむける可能性はあるので、あまり心配は必要はありません。   心配であれば一度医師とカウンセリングして、状態を確認するとよいです。  

 

タグ :

包茎治療の基礎知識

包茎手術で傷跡は残る?


包茎手術後に傷跡が残ると、一生取り返しがつかず手術したことを後悔してしまうかもしれません。   うまい男性専門クリニックで包茎手術をすると、傷跡は残りにくいです。   実際十年前に包茎手術を受けた方の体験談でも、手術を受けてからパートナーを含め、一度も手術したことがバレたことはないということです。   技術の高いクリニックの場合、亀頭の下の部分の見えにくいところでうまく縫い合わせているので、人に分かることはほぼ皆無です。   逆に仕上がりをあまり気にしない泌尿器科で包茎手術を受けた人の性器を見ると、傷跡が目立ち、見たからに包茎手術をしたことが分かる仕上がりになっている人がいます。   包茎手術は傷跡の残らないきちんとしたクリニックで行う必要があります。  

 

タグ :

包茎治療の基礎知識

包茎手術の値段はいくらくらい?


包茎手術をすると決断された方は、手術にどのぐらいの値段がかかるか心配になると思います。   包茎手術の値段は、各病院やクリニックによってかなり違ってきます。   保険診療の場合、約3万円が相場になります。   真性包茎やカントン包茎の場合保険がききますので、かなり安く手術することが可能です。   ただし自然な仕上がりを求めていたり、手術中の痛みを最低限におさえたいのであれば、包茎手術専門のクリニックに行ったほうがよいと思います。   専門クリニックの場合、相場は10万円から20万円になります。   真性包茎か仮性包茎かでかなり値段は変わってきます。   男性にとって一生に一度の大事な手術なので、値段を抑えるために泌尿器科で行うよりも、専門クリニックで行う人が多いです。

 

タグ :

包茎治療の基礎知識