包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

包茎手術に入院・通院は必要か?


包茎手術というものは、人に知られずにすばやくしてもらいたいものです。   入院や通院となると、家族や親しい人たちにバレる可能性があるので、嫌だと言われる方が多いです。   包茎手術をするのに、入院や通院は必要なのでしょうか?包茎手術は通常日帰りの手術なので、入院しなくても受けることができます。   手術は特に難しいものではありません。   局所麻酔をした後手術をして、歩いて帰ることができます。   手術後シャワーや入浴、またはスポーツをするのに制限がかかることがありますが、適切に過ごしていれば問題はありません。   ただし抜糸や消毒が必要になるので、何度か通院する必要はあります。   夜間診察ができるクリニックもありますので、通院してきちんと最後まで対応してもらう必要があります。  

 

タグ :

包茎治療の基礎知識

包茎手術にかかる所要時間


包茎手術は男性にとっては大切な性器を出すのですから、できるだけ手短に終わらせたいものです。   通院や入院になってしまったら、家族にもバレる可能性が出てきますので、大変になってしまいます。   包茎手術と聞くと、麻酔をかけるため性器に注射をして、メスを使って切開し、縫い合わせるといった大がかりなものを想像してしまいます。   しかし技術の高い男性専門クリニックで包茎手術をすると、ごく短時間で手術が完了します。   クリニックにもよりますが、だいたい所要時間は40から50分程度になります。   手術後はアフターケアの説明を受けた後、すぐに帰宅することが可能です。   包茎手術は外科手術に含まれますが、とてもシンプルな手術になります。  

 

タグ :

包茎治療の基礎知識

包茎手術のクリニックは、女性スタッフはいる?


男性であれば知らない女性といえども、極力自分が包茎であることを知られたくないでしょう。   包茎手術のクリニックに、女性スタッフがいるかどうかは非常に気になります。   たとえ女性スタッフが受付で、直接性器を見ることはないにしても、包茎手術をしに来ていることを知られるのは嫌なものです。   包茎手術は泌尿器科で行う場合と、包茎手術専門クリニックで行う場合があります。   包茎手術専門のクリニックでしたら、クライアントに気を使って男性スタッフのみで対応しているクリニックも多いです。   広告に男性スタッフのみの記載がある場合もありますが、気になる場合は電話で聞いてみるとよいと思います。   ちなみに泌尿器科の場合は、ほとんどの場合女性スタッフがいます。  

 

タグ :

包茎治療の基礎知識

包茎手術するとツートンカラーになる?


包茎業界では、ツートンカラーという言葉をよく聞きます。   ツートンカラーは、泌尿器科などで簡易的な包茎手術をすると起きやすい現象で、手術をしたときに縫い合わせた部分を境に、色が二色に分かれてしまうことを言います。   ツートンカラーになってしまうと、一生性器の見た目が変になってしまうので、避けておきたいです。   男性専門クリニックで高いクオリティの包茎手術を受けると、ツートンカラーになりにくいです。   亀頭の下の見えにくい部分で縫い合わせますので、包茎手術をしたことを前提に細かくチェックしないと、分かってしまうことはほぼありません。   包茎であることが恥ずかしいので包茎手術をしたのに、もっと恥ずかしくなってしまったという話もあります。  

 

タグ :

包茎治療の基礎知識

包茎手術のカウンセリングについて


包茎手術は男性にとってとてもナイーブになることなので、しっかり専門医と事前にカウンセリングする必要があります。   口コミでいつも評価の高いクリニックは、カウンセリングを丁寧に行ってくれるところが多いです。   自分の大切な性器を手術するのですから、不安になって当然です。   そのようなクライアントに対して、安心のもと手術へ導く専門医に包茎手術をしてもらうといいです。   カウンセリングは通常無料で行っています。   疑問に思ってることはすべて聞いてみるとよいでしょう。   包茎の状態を確認して、適切な手術を案内してもらえます。   ただしクリニックによっては、性器の増大や長径などのオプションを勧めてくるところもありますので、気を付ける必要があります。  

 

タグ :

包茎治療の基礎知識

包茎は女性に嫌われる?


包茎は女性に嫌われるのでしょうか?包茎はとにかく汚いというイメージが広まっています。   特にきれい好きで匂いに敏感な女性は、包茎を嫌う傾向にあります。   特に完全に皮がかぶったままの真性包茎は嫌がられます。   不潔でバイ菌がいっぱいいるのが耐えられない、とある女性は言います。   女性に立場をチェンジしてみれば、顔に近づけると臭いがすると嫌になるのが分かります。   仮性包茎でも嫌だという女性はいますが、日本の過半数が仮性包茎だという噂もあるからか、仮性なら問題ないという女性もいます。   とにかく汚れと臭いが嫌われる原因のようです。   逆に本当に好きならば、包茎であろうがなかろうが関係ないという女性もいます。   しかし女性へのエチケットのためにも、包茎手術をしておけば間違いありません。  

 

タグ :

包茎治療の基礎知識

包茎手術ができるのは何歳まで?年齢は関係あるのか?


包茎手術ができるのは何歳まで可能なのでしょうか?年齢は関係あるのでしょうか?男性の体はだいたい18歳から20歳で成長が止まります。   その後自然に包茎が治るのは難しいので、手術を受ける方は二十代の方がもっとも多いです。   女性に対するコンプレックスが膨れあがるのもその時期ですので、早めに手術を希望される方は多いです。   包茎手術は特に年齢制限がありませんので、需要は少ないですが、60歳の方でも70歳の方でも手術することが可能です。   下は18歳以上から手術することができます。   30歳を超えていまさら手術なんてと思っている方でも、遅くはありません。   仮性包茎でセックスに問題がなくても、恥垢がたまりやすく女性に嫌われることもありますので、手術を考えてもよいかもしれません。  

 

タグ :

包茎治療の基礎知識

包茎だと早漏になる?


男性はセックスするとき女性を満足させたいと思うものです。   そのためすぐに射精してしまう早漏を嫌う傾向にあります。   よく包茎は早漏になりやすいと言われますが、本当なのでしょうか?確かに包茎の人は、そうでない人に比べ早漏になりやすい傾向にあります。   それは日常生活しているときに、亀頭部が皮にかぶっているため、刺激に弱くなってしまうからです。   女性とセックスしているときにちょっとした刺激でも反応してしまい、すぐに射精してしまいます。   日頃から皮がむけている状態だと、亀頭部の刺激に慣れているので、セックス時にそこまで過敏にすぐ射精しにくくなります。   また包茎であるというコンプレックスも、精神的な意味で早漏になりやすい現実もあります。  

 

タグ :

包茎治療の基礎知識

包茎手術は必要か?


包茎は女性の前で格好が悪いと思い、手術を希望される方が多くいます。   しかし包茎手術は絶対に必要なのでしょうか?これは包茎の種類によっても変わってきます。   皮が長くかぶっている状態の仮性包茎の場合、日常に支障をきたすことはないので手術が必須というわけではありません。   ただ恥垢が溜まりやすくなるので、臭いがしやすかったり、早漏になる場合があるので、手術を希望される方はいます。   真性包茎やカントン包茎になると、手術をした方が良い場合があります。   真性包茎の場合、いつも亀頭が皮をかぶっている状態なので、亀頭が成長していなくてセックスができないことがあります。   またできたとしても、射精をしたときに子宮まで届かないことがあるので、手術が必要になります。  

 

タグ :

包茎治療の基礎知識

包茎手術は人にバレる?


包茎手術をした後、他人にバレることはあるのでしょうか?包茎手術は泌尿器科か美容外科クリニックですることになりますが、病院には守秘義務がありますので、他人にバレることはありません。   家族からの問い合わせであったとしても、答えることはありませんので心配はいりません。   また手術の跡をパートナーに見られ、バレることを恐れる方もいます。   泌尿器科で手術する場合は、仕上がりについてはあまり考えず手術するので、手術跡が残ってしまうことがあります。   そうならないためには、包茎手術専門のクリニックに行って、きれいな仕上がりにする必要があります。   専門クリニックの場合、目立たない場所で縫い上げますので、他人が見て手術したことがバレることはありません。  

 

タグ :

包茎治療の基礎知識