包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

包茎手術後のアフターケアとは?


包茎の治療を決意した後には、まずクリニックを選択するという所から始まるでしょうが、その際にチェックして置きたい所が“アフターケア”になります。   クリニックによっては、アフターケアが充実しているところ、あまり力を入れていないところがありますので、重要なポイントになる、このアフターケアについて解説していきます。   ●包茎施術後のケアについて 治療内容にもよりますが、縫合した状態の場合は、皮をそのままにしておくのは相当危険です。   家に着くまでの間に衣服などに擦れて、大量に出血するかもしれません。   患部の保護という意味で、亀頭に薄く包帯を巻くといった処置を行ってくれます。   これをするかしないで大きな違いがありますが、クリニックの全てで行っていますから、心配する必要はありません。   ●包帯をした後の見た目 ペニスに包帯なんて巻いたら、股間が不自然に膨らむのでは?と心配される方もいるかと思います。   しかし、包帯自体は薄いですし、大きく膨らむ程巻く事もありません。   この点は安心できます。   下着の上からでも、おかしさや不自然さといった事は感じないはずです。   また、排せつもしやすいような巻き方になっていますし、歩きにくいといった日常への支障をきたすこともありません。   ●痛み止めについて 手術の次の日から出勤する方も珍しくありません。   痛みが出ないか心配、という方もいるでしょう。   そんな時には、クリニックに痛み止めを出してほしいとお願いすれば、提供してもらえます。   ●抜糸について 使う糸の種類によっては抜糸を行う場合、行う必要がない場合があります。   ナイロン糸(施術用)の場合は、抜糸を行わなくてはなりません。   しかし、最近では自然と体に吸収される糸を使った手術も多く、吸収糸を使った場合は抜糸の必要がなくなります。   ●再手術について アフターケアが整っているところであれば、再施術を無料で行ってくれます。   実際にそういうアフターケアを設置しているクリニックは多くあります。   しかし、クリニックの中には再手術、修正手術を全く行っていない所もありますので、クリニックの情報を事前に確認した方が安全です。   ●電話・メールでの相談 万が一何か問題が起こった時の電話相談に関しては、きちんと対応してくれる可能性が高いです。   メール相談についても24時間対応しているクリニックが多く、こういったアフターケアは手厚いようです。  

 

包茎手術 よくある質問

包茎だと早漏になるのか?


男性にとって早漏は大きな悩みになりえます。   女性とせっかく一夜を過ごせるときに、楽しめずに終わってしまう場合もあるのです。   早漏だと、女性が満足しないうちにセックスが終わってしまい、せっかく盛り上がっていたのに微妙な空気に…そうした経験が大きなトラウマとなって自分の自信を喪失する事にもなりかねません。   そこで是非チェックしてほしいのが、なぜ包茎は早漏になりやすいのか?です。   包茎と早漏の関係は事実はっきりしており、なぜ早漏傾向が強くなるかについて解説していきます。   ●外部の刺激に弱くなりやすい 亀頭には快感をつかさどる神経が集中していますから、ただでさえ感じやすい亀頭が刺激に弱くなってしまうと早漏になる原因となってしまいます。   包茎になりますと、常に亀頭へ皮が被る状態になる為、外部の刺激が亀頭に直接触れることがありません。   皮が常に剥かれている状態ですと、下着などに亀頭がこすれ刺激への慣れがありますから、基本的に早漏になる事がありません。   しかし、包茎の方はセックス時に亀頭が露出すると、刺激に弱くなっている亀頭のおかげで、我慢できずに射精してしまうのです。   ●早漏と思い込んでしまう 包茎=早漏というイメージを持つ方は、実はかなり多く、男性ばかりか女性にも浸透しています。   こうした思い込みが、心因的な早漏を引き起こしている事例があるのです。   「自分は包茎だから早漏なんだ」という風に考えてしまい、結果として早く射精してしまうこともあります。   仮性包茎であっても早漏ではない方は実はたくさんいますので、気にしないのが一番ですが、普段から皮をむく習慣をつけていれば亀頭が刺激に慣れてくれるので、早漏から脱却することも出来るのです。   ●包茎手術を受ける方法 仮性包茎の方が、包茎手術を受けるメリットとして、亀頭が常に露出されるようになり、何もしなくても刺激を常時受けられる状態になります。   手術し亀頭が露出した直後は、慣れない刺激に違和感を覚えることもありますが、慣れることには早漏も解決しているケースが多いそうです。   どうしてもセックスが楽しめない、包茎が気になるという男性は、包茎の治療を受けるのもおすすめです。  

 

包茎手術 よくある質問

包茎手術への決断に踏み切れないのですが?


包茎の治療をしたいと思っていても、恐怖や不安で踏み切れないと思うのは当然の事です。   デリケートな部分でありますし、失敗だけは絶対に避けたいものです。   痛みも気になるでしょう。   不安を解消して、包茎手術を安心して受ける為には色々な情報について知る事が大事です。   ここでは、どのくらいの人が包茎手術をしているのかについて詳しく紹介していきます。   包茎手術をする人の数が分かると、自分も受けてみようかな、という風に気楽に考えられるかもしれません。   ●今では様々な包茎専門クリニックがあり、ある大手専門クリニックの年間実績数だけを見ても、年間1万件以上もあり、多いところですと年間2万件以上の症例数を掲げるクリニックもあります。   全部が全部、包茎手術というわけではなく、その中には修正治療も入っている可能性はありますが、それでも年間に1万人近くの方が大手の専門クリニックで包茎手術を受けているという計算になります。   専門の大手クリニックはいくつもありますので、少なくても数万人以上包茎手術を受けている計算になります。   そこに包茎治療に対応する美容外科クリニック、中小のクリニックの実績も合わせると、10万件は軽く超えているかもしれません。   ですが、これらの数字は残念なことに推計になります。   公にはっきりとした数字が公開されているわけではありませんし、それぞれのクリニックに協力してもらい集計を出すにしても、プライバシーに関することですし、経営面での問題もありますから、ほぼ不可能といえるでしょう。   しかし、世の中にこれだけ包茎手術に対応するクリニックがある事を考えると、需要がそれだけあるという事が結論付けられます。   ●確率から計算をしてみる わかりやすいよう細かな数字は省いていきますが、日本の人口は約1億2千万人です、男女の比率は半々ですから男性の人口は6千万人となります。   包茎の人の確率は諸説ありますが、人種によって差が生まれないとされていますから、実際にアメリカで行われた包茎率の調査からとって、7割と見込みます。   そこから計算すると、日本の男性の包茎人数は約4千2百万人となります。   年間の包茎手術の人数は数万人と言われていますが、ハッキリとした数字は公開されていませんので、ここでは5万人としましょう。   平均年齢を80歳とし、計算しますと包茎手術人口は“4百万人”と出てきます。   日本の包茎男性の人口は4千2百万人ですから、包茎男性の10人に1人は包茎治療を受けていると計算できます。   この結果を高いとみるか低いと見るかは個人の考え方によって異なるでしょうが、少ない数字とは言えないでしょう。  

 

包茎手術 よくある質問

包茎になってしまう原因とは?


包茎の専門クリニックの数は昔と比べて増えており、それだけに包茎で悩む男性が数多く存在すると言えます。   ここでは、ペニスがなぜ皮を被った状態になるのか解説をしていきます。   実際には、原因がいくつかあるとされており、中にはどうしようもない原因もあるのですが、防げる場合もありますのでチェックしてみてください。   ●包茎は人間の本来の姿 真性包茎・カントン包茎は別ですが、仮性包茎自体は通常な状態であり、何も問題がないのです。   もともと人間は仮性包茎で生まれてくるので、一般的にはしょうがない事です。   また、ヨーロッパでは「仮性包茎」という言葉が無いのです。   自然な状態が良いとされる文化があるからでしょう。   しかし、真性包茎・カントン包茎の事を「包茎」と呼ぶ事はあります。   包茎の原因の根元を覗いてみると、人間だから、という事になります。   自然界においても、包茎は普通のことで動物の多くが包茎になります。   もしペットを飼っているならペニスを見てみるのも良いでしょう。   亀頭に皮が被っている、もしくは体内に隠されているはずです。   ●包茎の助長をする可能性のある自慰行為 男性はオナニーを定期的に行いますが、オナニーの仕方によって包茎になる恐れがあります。   それは皮オナニーです。   亀頭に皮が被せている状態でオナニーをすることですが、このやり方で自慰行為をする方は、実は少なくありません。   構造上、皮は伸びるようになっていますので、知らずに亀頭が被った状態で皮オナニーをしている方はいるでしょう。   皮が伸びてしまうと、包茎を助長する事がありますので注意したほうが良いでしょう。   ●オナニーの正しい方法 ペニスの皮を根元まで寄せて、亀頭が出ている状態で行いましょう。   手で直接亀頭に触れて刺激を与えるのがオナニーの正式な方法です。   包茎になるリスクが少なく、刺激も適度に与えられます。   毎回、皮オナニーを行っていると、亀頭自身が刺激に弱くなり早漏になる可能性も高くなってしまいます。   ●亀頭に皮が被った状態のまま 常に包茎の状態にしてしまうと、亀頭の成長を阻む事になります。   包茎が軽度なら、デメリットもそれ程ではありませんが、亀頭の成長が悪くなると“重度な包茎になる可能性”があります。   定期的に亀頭を露出させることで防ぐことが出来ますので、お風呂やトイレなどで亀頭を露出させる、という事を毎日行いましょう。  

 

包茎手術 よくある質問

包茎は遺伝するか?


親から子へ受け継ぐものは様々ありますが、包茎が遺伝するなどといった学説は、今現在でていません。   “包茎の遺伝”は証明されていないのです。   ですので、例えば亀頭がしっかり剥けている親の子であっても、包茎になる可能性はあると考えられています。   しかし、ペニスのサイズに関しては、注意しなくてはなりません。   そのぞれの国の地域や民族によっては、ペニスの大きさや硬さにまで差がありますので、そういった要素は遺伝する可能性が絶対にないとは断言できません。   ●自分の包茎は子供に遺伝しない 「自分が包茎だと男の子が生まれた場合、遺伝させるのでは?」と考えてしまう方もいるでしょう。   ですが、その点は最初に説明した通り心配する必要は全くありません。   基本的に包茎が普通であるという事は、全世界で共通していますし、むしろ包茎の状態は自然で美しいと認識している国もあります。   遺伝以前のはなしで、人間の体は生まれてくる時に包茎になりやすい状態になっています。   赤ちゃんを見ても、生まれた時にはペニスに皮が被った状態ですよね。   人間の最初はだれでも包茎なのです。   ●注意すべきなのはカントン包茎と真性包茎 仮性包茎に関しては、清潔な状態を保ってさえいれば問題ありません。   垢が溜まらないように気を付けていれば良いのです。   注意しなければならないのは、真性包茎・カントン包茎です。   この両者に関しては、手術することをお勧めいたします。   というのも、真性包茎は勃起をしても亀頭に包皮が覆いかぶさってしまいます。   カントン包茎は、亀頭に被る包皮の先端がすぼんでいる為、勃起をすると亀頭を締め付けうっ血を起こす危険性があります。   どちらの包茎にも言えることは、健康被害を出す可能性が高くあるということです。   仮性包茎の場合は、人間にとっては普通の事、本来の姿であるという話をしましたが、真性包茎とカントン包茎は別です。   放置すればペニスに重大な被害が出る事もありえます。   亀頭の炎症は、よくあることで、凄まじい痛みや膿などの症状が出ます。  

 

包茎手術 よくある質問

包茎手術のリスクとは?


・包茎を治すために手術を受けられる方は多くなっていますが、メリットだけを見てはいけません。   そこにはデメリットも存在していますので、確認してから決めたほうがいいでしょう。   ●手術は必ず成功するわけではない 包茎手術となると、余っている包皮を切り取ったり固定する方法があります。   皮を少なくすることで包茎の改善を図っていくわけですが、手術が失敗に終わるリスクもあります。   包皮を切り取ったのに、まだ包皮が余っているケースもありますし、逆に皮を切り取りすぎて、勃起をすると皮が突っ張って痛みが出てしまったという報告もあります。   クリニックを選ぶなら、実績がしっかりとある安全性の高い所を利用するようにしましょう。   ●傷跡の問題 コンプレックスを解消するための包茎手術のはずが、コンプレックスを作る可能性もあります。   縫合部分の傷跡が目立って残る事も実際にあるのです。   そうなると、手術をした事がすぐにバレてしまいますから、ペニスへのコンプレックスが残るという事も考えておかなければなりません。   傷跡のリスクを回避するには、医師の技術力や手術の種類を見ることです。   縫合に使われる糸の種類でも、傷跡の残りやすさが変わっていきます。   特に吸収糸ですと、傷跡が残りやすくなるので注意したほうが良いでしょう。   ●セックスの快感が半減 包茎は余った皮を切るという方法がありますが、切り取った皮に性感帯があるとされています。   包茎手術をした事で性感帯まで一緒に取り除いてしまい、セックスの気持ちよさが薄れてしまった、というケースも実際にあります。   裏筋のあたりには特に性感帯が集中しているとされていますので、無視できない問題です。   対応策としては、いくつかのクリニックのカウンセリングを受ける事です。   その際に、そういった手術を行うのか確認をきちんとしましょう。   性感帯と皮の関係性について理解があり、明確な答えを出してくれるクリニックを選ぶのが得策です。   ●ツートンカラー 以前では、包茎手術を行った事がすぐにわかってしまう事が多くありました。   ペニスの根元がわと亀頭の色が継ぎ目でハッキリと色が分かれてしまう事を指してツートンカラーと言われていたのです。   しかし、そうした問題も今では解決されており、専門クリニックでは、ツートンカラーになりにくく傷跡も目立ちにくい亀頭のすぐ下で縫合する方法が浸透しています。   ●高額費用への注意 包茎手術の費用は、安ければ3万円の所もありますし、高くなると50万円、100万円の施術を勧めてくるところもあります。   安くても良いとは言えませんが、高ければ高いほど良いとも限りません。   施術の技術力なども考慮しつつ金額の判断をする必要があります。   中には、手術料金を吊り上げるために、亀頭の増大術といった無用なオプションを追加しようとするクリニックもあります。   手術の内容をきっちり確認し、適正な料金か確認しましょう。  

 

包茎手術 よくある質問

包茎のリスクとは?


男性にとってコンプレックスや悩みの種になる包茎、現実に大きな危険性を持っているのはご存知でしょうか?包茎の種類、それぞれのリスクについてお話しいていきます。   ●性病にかかりやすい 性病といっても100%キャリアの方と成功したとして、必ず掛かるものではありません。   ですが、包茎の方の場合は確率が格段に上昇すると専門家から指摘をされているようです。   包茎であれば、真性、カントン、仮性のどの状態であっても掛かるリスクは高くなります。   性行為の最中に出血する可能性が高いのは、カントン包茎と真性包茎ですが、特に亀頭を圧迫する可能性が高いのがカントン包茎、皮が裂けて出血する恐れがあります。   傷口の部分から性病が感染する可能性を指摘されていますので注意したほうがいいでしょう。   ●においの問題 包茎で気になるのがにおいですが、包茎でない方と比べてみるとペニスからにおいが発生する確率は高くなります。   女性には特に嫌がられるにおいなので注意したほうがいいです。   においの原因は垢等という事もあり雑菌が繁殖している可能性もあります。   それを放置すると、においの以外にも皮膚に炎症が起こったり膿が出るなどの大きい問題へと発展する可能性が高くなります。   においがきつくなりやすい包茎は、真性包茎となります。   皮を剥くことが出来ない場合も多いため、亀頭を直接洗うことが困難となり、垢などが蓄積されるリスクがあります。   ●勃起不全の危険 勃起不全(ED)は男性にとって悩みの一つになりますが、包茎がEDの原因となっている場合があります。   考えられる理由としては、まずは見た目へのコンプレックスです。   包茎ですとペニスが不格好になってしまいます。   自分自身のペニスに自信が持てなくなる事で、勃起が心理的に出来なくなる事は多いのです。   また、カントン包茎の方の場合は、皮がペニスの亀頭の部分を圧迫するので、血行が悪くなり正常な勃起が出来なくなると指摘されており、大きな危険性を持っています。   ●性行為への自信がなくなる 早漏の傾向が強いと言われる包茎ですが、それによってセックスへの自信が無くなってしまうことがあります。   なぜ早漏になってしまうかと言うと、普段は包皮に亀頭が隠れているので、外部への刺激に対して弱くなるという理由があります。   早漏になりやすいタイプは仮性包茎がほとんどです。   反対に遅漏になりやすいのは、カントン包茎と真性包茎です。   それは、性行為の時にも包皮が亀頭を包んでいる為とされています。   これはどちらも目を背けられない問題と言えます。  

 

包茎手術 よくある質問

包茎は病気にかかりやすくなる?


包茎の状態になると菌の温床が自然と作られるので、様々な病気になりやすいと言われています。   現実にどのような病気を発症しやすくなるか詳しくお話ししていきます。   包茎の方でも、日常ではそこまで意識していない事もあるかもしれませんが、病気の中には注意が必要になる事も多くあるのです。   ●亀頭包皮炎 亀頭包皮炎は真性包茎・カントン包茎以外にも、仮性包茎の方でも発症する可能性があります。   これは、亀頭と包皮に雑菌が繁殖することで炎症を起こしてしまう事が多いのですが、亀頭と包皮が癒着を起こしている状態になると起こりやすくなる病気の一つになります。   排尿時に痛みが出ることがありますが、病状により物凄い痛みが発生したり、膿が出てくる事もありますので、注意が必要です。   対策の方法は、できる限り清潔な状態を保つようにすることです。   入浴時には、皮をしっかり剥いてからペニスを丁寧に洗うようにするとリスクがだいぶ低くなります。   大人だけではなく、子供も掛かりやすい病気ですので注意が必要になります。   ほとんどの方は対策さえしっかりしていれば包茎手術の必要は無いのですが、亀頭包皮炎に度々かかるようなら包茎手術を受けたほうが良いでしょう。   ●尿路感染症 尿道の病気は包茎には関係ないだろうと思う方もいるとは思いますが、包茎の垢が溜まりやすい構造のおかげで、菌が繁殖することになります。   繁殖した菌が、尿道をつたって入り込むことで内部に菌が繁殖するのが尿路感染症です。   ●腎盂腎炎・膀胱炎になる可能性 罹患する可能性はそれ程ではありませんが、腎盂腎炎や膀胱炎に掛かる場合もありますので知っておいた方が良いです。   対策としては、とにかく尿道を清潔に保つことです。   恥垢を貯めておかないように、しっかり洗うことが大切です。   しかし、垢が溜まりやすくなっている方は包茎手術を考えてみられるのも良いでしょう。   ●性病 性病には、性器ヘルペスや性器クラミジア感染症、淋菌感染症や尖圭コンジローマといった様々なものがあります。   特に包茎の方はこういった性病にかかりやすくなる傾向があります。   というのも、包茎になると亀頭粘膜が日常的に露出していませんので、皮膚が薄くなりちょっとした事で傷つきやすくなります。   セックス時には亀頭は露出した状態になりますから、行為の最中に傷つきそこから性病が入り込みやすいのです。   また、性病の菌は包茎の状態だと繁殖、増殖させやすくなります。   対策方法として、コンドームを必ず着用すること、そして不特定多数の相手と性交渉をするのを避けることです。   性病に掛かる確率を下げる方法として、包茎手術をすることも一つの手です。  

 

包茎手術 よくある質問

女性は包茎の男をどう思っているのか?やっぱり嫌いなの?


男性にとって包茎は悩みやコンプレックスの種になりますが、女性からすると包茎はどういったものなんでしょう。   包茎への女性のイメージについて調査を行ってみました。   ①包茎治療を望む女性は多いのか? [彼または夫が包茎だった場合に、治療で治してほしいと思う?]このアンケート調査の結果を以下にまとめます。   治療を絶対にしてほしい 22% 出来るなら、なるべく治療をしてほしい 60% 治療を行わなくても特に気にしない 18% アンケート結果を見ると分かる通り、8割近くの女性が包茎の治療を希望する程、包茎に対して良いイメージを持っていないとわかります。   しかし、どんな理由からそういうイメージになってしまうのでしょう。   ②包茎は不潔に感じる 包茎の男性は不潔と思っている女性は少なくありません。   男性によっては包茎の状態に違いがありますが、やはり包茎になると皮の中に垢が溜まる傾向があります。   そういった方とお付き合いの経験がある女性ですと、包茎への拒否感を持ってしまう事も…特に皮の内側に溜まる垢については女性からするとマイナスイメージが強くなるでしょう。   『一瞬で恋も冷めてしまう』という声も多くあります。   女性との関係をもつところだからこそ、清潔に保たなければ嫌われてしまうのは仕方がないのかもしれません。   ③病気へのリスク 包茎に溜まる垢には、実は女性へ病気を起こす可能性があると言われています。   それは、子宮頸がんを誘引頸ガンを誘引するとされるウィルスです。   これが垢の中で繁殖している可能性があると分かってきています。   自分の健康というより命も脅かす可能性すらありますので、包茎に対しマイナスイメージを持つ女性は少なくないでしょう。   ④臭いのきつさ 不潔さにも関わるでしょうが、包茎の男性の場合ペニスの臭いがきつくなる事があります。   理由としては、包皮が常に亀頭に被っているため菌が繁殖しやすかったり、一度湿った状態になると乾きにくくペニスからきつく臭ってくることもあります。   もし、性交渉の時にその臭いをかいでしまえば気持ちも萎えてしまいます。   誰だって不潔な臭いは好きになれないでしょうし、女性の中から包茎が嫌という意見が出てくるのもこうした経験からかもしれません。   ⑤早漏になりがち 人によって差は出てきますが、包茎ですと性感帯のある亀頭周辺へ普段から皮が被るために刺激に極端に弱くなる傾向があります。   それだとセックスの時には、刺激があまりにも強すぎて早漏になってしまいがちになり、セックスをお互いに楽しめないという事も。   女性にも性欲がありますがそれを満足させ辛くなります。   セックスに対して不満が出てきて、包茎にマイナスなイメージを抱く女性がいるという事も男性は頭に入れておくべきでしょう。  

 

包茎手術 よくある質問