包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

背面切開(バックカット)とは?


背面切開は、真性包茎・カントン包茎、また重度の仮性包茎の場合に多く採用される方法となります。   背面切開の手順は、包皮の開口部分より縦にメスを入れて亀頭を露出しやすい状態に広げて縫合するというものです。   包皮を切り取らない方法のため、子供の場合の手術にも適用されています。   手術時間も15分とかなり短いうえに、切開を行う部分も比較的少ないので身体の負担も少なく、傷の治りも早いので後遺症の可能性やリスクも少ないという利点があります。   しかし、まれにですが背面切開後にひどく腫れ上がるリスクもあり、腫れた部分の包皮が仕上がりに影響します。   余った包皮が左右にたるみ、結果見栄えの悪いペニスになるケースもあります。   真性包茎の場合ですと、傷が治った時にまた包皮と亀頭が癒着を起こすこともあるそうです。   そして、手術の効果が無くなり、目立つ傷跡が残るという事もあります。  

 

包茎手術の方法別

環状切開とは?


包茎手術の中で多くのクリニックに取り入れられているのが、この環状切開です。   この方法は、ペニスに負担が掛からない程度に最大限伸ばして、余分な包皮をカリの所でペニスの形に添って環状(輪切り)に切り取ってから、縫合を行うという施術になります。   この方法だと性感帯となる裏スジもちゃんと残せますので、感度が下がってしまう事がありません。   比較的に簡単な部類に入る施術なので失敗が少なく、手術時間も短時間(20分程度)で終わります。   そして、メリットとしてペニスの全長から計算して包皮の施術を行いますので、術後のツッパリ感やだぶつき等による違和感を感じることが少ないという特徴があります。   しかし、デメリットとして術後の仕上がりを見ると色が違うのが分かってしまう、いわゆるツートンになってしまうので、亀頭の皮膚がピンクに近く、根元の部分の皮膚の黒ずみが強い方は、縫合部分が余計に目立ってしまう事が考えられます。  

 

包茎手術の方法別