包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

根部環状切除術とは?


包茎手術は、亀頭の周りを覆う包皮を切り取り縫合するのが一般的な方法になります。   ですが、この部分には性感帯が含まれており目立つ部分でもあります。   比較的に軽度の包茎の方向けの施術法としてお勧めしたいのが「根部環状切除術」です。   これは、別名バックカットとも呼ばれますが、目立ちにくい陰毛周辺の陰茎の付け根部分を切り取る方法になります。   根部環状切除術とは? バックカットとも言われる手術法ですが、名前通りにペニスの付け根のあたりを環状にぐるっと一周切り取る方法になります。   しかし、注意したいのが亀頭の裏皮に縦にメスを入れる背面切開と言う手術方法があります。   この背面切開をバックカットと呼ぶ医師や書くサイトもありますが不正確です。   人により用語法の混乱がありますので、名前だけで判断せず具体的な手術内容についてきちんと説明を受ける事が大事です。   近年の包茎手術の流行というと、亀頭のすぐ下の皮を切り取る方法になります。   メリットとしては手術が上手くいくとカリの突起から下の溝部分に傷跡が隠れるので、ツートンカラーになりません。   もちろん仕上がりも綺麗なので人気の高い施術です。   しかし、デメリットとしては高度なテクニックが必要になる為、リスクも少なからずあるというのが現状です。   また、亀頭を包む包皮の内側には、性感となる神経があるという事も指摘されており、この部分を切り取ると性感が落ちてしまう可能性があるとも言われるのです。   そうしたリスクを避けるため、いま注目されているのが根部環状切除術になります。   この方法は亀頭の近くにメスを入れる事がなく、ペニスの付け根部分の皮膚を手繰りよせて切除していきます。   傷跡は根部の陰毛に隠れますので手術跡が目立ちません。   包皮に対してメスを入れるような事もないので、包皮内板を傷つけたり無くすことがなく感覚が鈍る可能性がありません。   ツートンカラーが目立たず露出するペニスは自然のままですので、仕上がりも綺麗になります。   ですが、肝心の皮を根元まで寄せられなければ意味がありません。   重度の包茎により包皮口が狭い方などには適用できません。   包茎の中でも軽度の方に向いている手術方法と言えます。   この治療方法と似ているのが根元部固定法です。   切除はせずに接着剤を使用し根部に皮を固定してしまいます。   根部環状切除術・メリット 陰部に手術跡が隠れるので目立ちにくい 包皮内板を切る事がなく、性感帯を失うリスクがない 仕上がりが綺麗かつ自然 根部環状切除術・デメリット 傷跡が陰毛から透けて見える可能性がある 軽度の仮性包茎でなければ使用できない 切除の範囲が断定しにくく、ツッパリなどが起きる可能性がある

 

包茎手術の方法別

亀頭下環状切開術とは?


良い施術法を組み合わせて、さらにメリットの大きい手術法が開発されることがありますが、この亀頭下環状切開術は、亀頭直下埋没法と環状切開術を合わせた方法になります。   しかし、亀頭直下埋没法とVカット小帯温存法を組み合わせた手術と同じ手術方法であり、手術内容が同様でもクリニックによって名称が違う場合があります。   亀頭下環状切開術とは 包茎手術で最も一般的な手術方法は亀頭直下埋没法になります。   これは余った包皮の内側の粘膜を切り取った後、亀頭のちょうど淵にあるカリと言われる部分に合わせて縫合する方法です。   今は、この手術法を元に色々な手術方法が開発されていますが、亀頭下環状切開術もそこから生まれました。   環状切開術と合わせたと言いますが、亀頭直下埋没法も環状切開術の部類です。   包皮小帯といわれる性感帯を残すVカット小帯温存法を組み合わせたと言ったほうが正しいでしょう。   亀頭下環状切開術とは、つまり包皮の内側を切り取りカリで縫合し、小帯(性感帯)を温存する手術になります。   多くの包茎専門クリニックでは、亀頭直下埋没法が採用されていますが、Vカット小帯温存法もオプションという形でほとんどの医院で選択出来ます。   この手術をセットにしたのが亀頭下環状切開術になります。   各クリニックによっては、手術の名称に多少の違いがある為インターネットでも用語の混乱が起こっています。   手術内容が具体的にどういったものなのか、それぞれの医院で詳細を説明してもらうことが大切です。  

 

包茎手術の方法別

ネオコスメティックサージェリー法とは?


包茎の施術法もそれぞれのクリニックで進化をしています。   ここ最近では、亀頭下埋没法を基本にベテランの専門医による精密な計算を加えた、自然で綺麗な仕上がりを研究しています。   東京ノーストクリニックでは、ネオコスメティックサージェリー法というオリジナルの完全なオーダーメイドによる包茎施術です。   包茎の状態を確認したうえで、仕上がりの注文に細かく答えてくれます。   もちろん東京ノーストクリニックでしか、受けられない施術法です。   ・東京ノーストクリニック独自の医療 肉眼では見えない手術跡、完成度の高い仕上がり、包茎手術後にあるようなツッパリ感が全くない施術法がネオコスメティックサージェリー法です。   これを可能にしたのが、コスメティック法という治療法になります。   美容整形で培われた技術と、顕微鏡を利用して精密な手術を行います。   顕微鏡を使用した施術の方法を、マイクロサージェリー手術と呼びますが、美容整形の事をコスメティックといいます。   この2つの施術を独自に組み合わせて生み出した施術方法の事を称して、コスメティック・サージェリー法と言うのです。   この通常のコスメティックサージェリー法は、1mm単位でペニスの皮の状態を測定し最も最適なラインを計算し切り取ります。   余分な皮しか切らず、なおかつ美容形成の技術を取り入れていますので手術跡が目立たない仕上がりが特徴になります。   この手術をさらに進化させたのが、ネオ・コスメティックサージェリー法です。   体のどの部分にも、その人の癖があるようにペニスにも個人によって癖があります。   右曲がり・左曲がりは、もっとも典型的な例になるでしょう。   こういった個人差を考慮しながら、切り取る部分を計算し施術を行う方法になります。   それぞれの個人に合わせて最適な手術を行っていく、完全オーダーメイド制の包茎手術といえます。   メリット 細かな個人差を考慮しているので仕上がりがとても美しい 傷跡がほとんど目立たない 余計な皮のみを計算して切り取るのでツッパリがない 学割などにも対応 デメリット 細かな手術のため時間がかかる 東京ノーストクリニックでしか受けられない オリジナルの施術法の開発は様々なクリニックで行われています。   ネオコスメティックサージェリー法は、美容整形を取り入れ顕微鏡を使用している、完全なオーダーメイド制という特徴があります。   専門的な知識、技術が必要となる手術法ですので、東京ノーストクリニックでしか受けられないというデメリットはあります。   ですが、札幌から福岡までと全国に店舗がある大手の専門クリニックになりますので、もし気になったなら、一度相談に行ってみるのはいかがでしょう。  

 

包茎手術の方法別

Vカット小帯温存法とは?


性感帯である小帯をVカットし温存するVカット小帯温存法は、性感を落とすことなく包茎の治療を行える方法です。   この施術方法は、亀頭下環状切開術や亀頭直下埋没法と組み合わせて行われることが多いです。   多くのクリニックでは、オプションで提供されています。   小帯を正確に言うと包皮小帯と称されている部分にあたります。   亀頭はペニスの先の部分になり、その亀頭を包む余った皮を包皮と言います。   亀頭の先に尿道の穴が開いていますが、穴の下のほうに筋がついていますが、この筋は、亀頭と包皮をつなげる役目を持っています。   これが包皮小帯になり、性感帯である事でも知られています。   別名では裏筋(うらすじ)とも言われていますが、裏筋責めと聞いた事のある方は多いでしょう。   最近の一般的な施術の仕方は、亀頭のすぐ下をくるっと一周し切り取る方法になります。   これで、切開と縫合の跡を目立たなくする事ができます。   ですが、そのまま切り取ってしまうと小帯も一緒に切除してしまうので、性感が弱くなってしまう恐れがります。   また、見栄えも悪くなり、包茎手術後がバレてしまいやすくなってしまいます。   「性感の保存」「見栄えの維持」2つの目的のために小帯を温存する、というのがVカット小帯温存法になります。   具体的な方法としては、小帯の部分のみ残すようにしてV字にカットします。   多くのクリニックは、Vカットをオプション設定にしていますので、基本の料金にプラス支払いをしなくてはいけません。   なるべくなら必要のないオプションは避けるというのが基本ですが、小帯温存法はメリットのほうが大きくぜひ入れておきたいオプションです。   ・Vカット小帯温存法 メリット 手術後の小隊が手術前とほぼ変わらない。   性感を残すことができて手術がバレにくい。   ・Vカット小帯温存法 デメリット 料金が別途かかることがほとんど。   デメリットと言っても、オプションの料金はそこまで高くなるわけではありませんし、受ける事のメリットのほうが遥かに大きいのがこの手術の特徴でしょう。  

 

包茎手術の方法別

クランプ法とは?


クランプ法は、専用器具であるクランプを使用しペニスの施術部位を固定しながら切除を行うことができますので、医師の熟練度や技術力に関係なく施術を行える方法です。   施術時間が15分程度と短時間で終わり、出血が少ないため、多くのクリニックで使われていました。   しかし、クランプ法にはリスクやデメリットも存在しており、治療中に器具を使い皮膚を圧迫しますので切除面が固く目立ってしまいますし、切除面の位置も亀頭直下法なら上手く亀頭に隠すことが出来るのですが、クランプ法だと陰茎の位置にきてしまいます。   仕上がりの面を気にする方が大半の為か、このクランプ法の包茎手術はデメリットと言われる事が多いようです。   ですが、今でも一般的な泌尿器科でクランプを使用した包茎手術がほとんどです。   また、クリニックの中でもクランプの欠点を無くし改良したオリジナルの施術法を作り出し、仕上がりに自信をもって提供できるところもあります。   十分な技術力が無くてもミスが起こりにくく、簡単に治療ができるという所はクランプ法の優秀なところですが、実際にはクランプ法でも医師によって技術の差があるようです。   クランプ法だからダメと決めつけるよりも、安い包茎治療を掲載する医院こそ、きちんとした実績があるのか確かめる必要があります。   安いというだけで手術自体がいい加減で雑な出来ばえなら、あとから再手術が必要になり、さらにお金がかかり精神的にも辛い負担を強いられます。   重要なのは、施術の方法よりも医師の実績のほうです。   クランプ法を改良し自然な仕上がりを可能としたクリニックもありますので、クランプ法だからと言って仕上がりが駄目というわけではありません。  

 

包茎手術の方法別

PPレーザー治療法とは?


メスの代わりにレーザーを使用し皮の切除を行います。   レーザーのメリットは、通常の手術方法と比べ出血が少なく、傷跡も滑らかにすることが出来ます。   切除を行うのは亀頭の下の部分になり、傷の跡が隠れて術後の傷が目立ちにくいという点もあります。   また、レーザーは細かな切除に向いていますので、性感帯を切らずに残せば感度が落ちるという事もありません。   しかし、レーザーを扱うクリニックが少なく、地域によっては利用できる場所がないという事もあります。   そして、レーザーを用いた手術法は医師の熟練度が問われます。   皮膚を焼き切るレーザーの性質上、手術の方法によっては接合部分が目立ってしまう事があります。   また、費用も他の方法と比べて高額になりますので、医師とのカウンセリングをしっかり行い、どういうリスクがあるか相談し利用しなければいけません。  

 

包茎手術の方法別

根元部固定法とは?


根元部固定法は切らない手術の一つで、仮性包茎のみに適用される施術法です。   他のカントン包茎や真性包茎には基本的に行うことが出来ません。   また、重度の仮性包茎の方にはお勧めできない方法です。   手順としては、亀頭を理想的な形に露出したあと、余っている包皮を医療用の接着剤にて固定するという方法です。   この方法のメリットは、メスは一切使用しませんので施術後の跡が残る事がなく、医療専用の接着剤を使用しますので皮膚へのリスクがありません。   また、手術した後の回復も早く、短い期間で入浴や性行為をすることが可能です。   反対に根元部固定法のデメリットを挙げると、接着剤による癖付けを促す方法なので、クセが包皮に定着せずに、半年で元に戻ってしまうという様な場合があり、そうなった時には、施術を再び受けることが必要です。   使用する接着剤も医療用ですが、まれに赤みやかぶれが出てしまう場合もあるようです。   肌の弱い方は別の方法を検討されたほうが良いでしょう。  

 

包茎手術の方法別

複合曲線作図法とは?


複合曲線作図法は、施術後の特徴として性感帯である裏筋を残したうえで、切除後の傷跡がわかりにくい自然な仕上がりにすることができます。   これは、包皮の切除するラインを亀頭のカリの部分によって隠れるため、手術後の傷跡が目立たなくなります。   包皮の内側は血管や神経が集中していますので痛みや出血が起こりやすくなりますが、傷跡は残りにくいという特徴があります。   包皮の外側に関しては、出血や痛みが起こりにくいのですが、傷跡が残りやすくなっていまします。   それぞれの内側と外側の特徴を生かして、包皮の内と外で使用する切開道具を使い分け、縫合した後が残らないようにします。   そして、医師が丁寧に手作業にて、包皮に走る血管を1本1本丁寧に確認して切除する場所を選びますので、出血の量を少なく抑えることが出来ます。   かなり複雑な手作業を行うため、1時間程度の時間はかかりますが、デメリットとしてはそれぐらいです。   体への負担が少なく、傷跡が目立たない、仕上がりが自然、性感帯である裏スジを残せる、などメリットの方が遥かに上回ります。   金銭面で余裕があり、時間も気にされない方の場合は、こちらの施術をお勧めいたします。  

 

包茎手術の方法別

ナチュラルピーリング法とは?


ナチュラルピーリング法は、切らない包茎手術で仮性包茎のみに適用されます。   手順は、包皮を剥いて亀頭を出した状態にして余った包皮を数ヵ所縫合し固定させる事で剥かれるように癖付けし、包茎の治療を行う方法です。   この包茎手術は3万円と最も安く行うことが出来る上に、メスなどを使用しないので痛みもありませんし、傷跡が出来ることがありません。   切らないからこそ、仕上がりが納得できなかった時には元に戻せるという利点があります。   しかし、この施術方法は剥き癖をつけることによって改善を促すというものですので、癖がつかなかった場合は元に戻る場合があります。   仮性包茎でも軽度~重度までありますので、重度の仮性包茎の方の場合は、この治療法だと包皮が過多に余る場合が多くなるそうです。   そういった理由から、重度の仮性包茎でお悩みの方は別の方法を検討されたほうが良いでしょう。  

 

包茎手術の方法別

亀頭直下埋没法とは?


亀頭直下埋没法は、美容外科で頻繁に採用される施術法です。   難易度の高い施術で、勃起時のペニスの全長に合わせ余剰の包皮を切除したあとに、亀頭のカリの周囲に合わせて縫合を行う方法になります。   縫い目が目立たず、さらに性感帯である裏スジを切除することなく包皮のみを切除できるので、感度が鈍ることがありません。   ですが、難しい施術法のため、専門医としての経験の豊富さはもちろんのこと、高い技術や知識が必要とされます。   そうした技術のない医師が施術を行ってしまうと、亀頭が包皮に締め付けられて充血するカントン包茎のような状態になってしまったり、包皮の切開・縫合が的確ではなかったというような理由で包皮が被る状態に戻るようなケースがあります。   術後のデメリットとしては、入浴が2週間ほど出来ませんし(シャワーは可)、激しい運動なども1週間は行えません。   そして、3週間~1ヵ月は性行為やマスターベーションが行う事ができないなど、守るべきルールが他の方法と比べて多くありますので、様々な面を考慮しながら施術を行うか決めましょう。  

 

包茎手術の方法別