包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

仮性包茎を治療するメリット


包茎手術が必ず必要というわけではない仮性包茎ですが、包茎治療するとどんなメリットがあるのでしょうか?まず衛生面がよくなります。   仮性包茎は通常時は亀頭部が皮の中にかぶったままなので、恥垢がたまりやすくバイ菌が発生しやすいです。   包茎治療すると亀頭はいつも出たままの正常な状態になりますので、臭いを防ぐことになり、いざという時に女性に嫌がられることがなくなります。   また、性器の見た目が格段に良くなります。   亀頭部が露出するので格好悪くありませんし、かぶっている時より堂々と大きく見えます。   包茎手術すると実際に陰茎が大きくなったという事例もあります。   亀頭は露出していると刺激に強くなりますので、早漏の防止にもつながります。  

 

タグ :

仮性包茎

仮性包茎は手術が必要?


自由に皮をむくことができる仮性包茎は、包茎手術が必要なのでしょうか?仮性包茎は病気ではありませんので、必ず包茎手術をしないといけないわけではありません。   しかし包茎手術を希望される方は多いです。   特に二十代の若い男性に多いです。   二十代はちょうど性的な興味も高まる時期ですし、女性の前で裸になった時、包茎だと恥ずかしいと感じる人も多いです。   対する二十代の女性も、包茎は汚いというイメージや、早漏を連想される方も多いので、チェックも厳しい傾向にあります。   包茎手術を体験された方に聞くと、手術をしてよかったと言われる方がほとんどです。   仮性包茎でもコンプレックスになる要因ですし、いつでも裸になって恥ずかしくない状態にしておくことは男性にとってとても大切です。  

 

タグ :

仮性包茎

仮性包茎を放置するとどうなる?


真性包茎やカントン包茎を放置すると、病的な意味で大変な状態になってしまう可能性もありますが、仮性包茎を放置するとどうなるのでしょうか?まず仮性包茎を放置しても、18歳を過ぎて陰茎の成長が止まったら、治ることはほぼありません。   包茎手術をせずに放置していれば、一生仮性包茎のままになります。   仮性包茎は病院の診断でも病気とは言えない状態ですので、おとなになっても仮性包茎のままでいる方は多くいます。   しかし見た目も包茎はかっこよいものではありませんし、恥垢や臭いがたまりやすくて不潔ですので、包茎手術を選択される方もいます。   18歳未満であれば、まだ陰茎が成長する可能性があるので、放置していても包茎が治る可能性があります。  

 

タグ :

仮性包茎

仮性包茎の危険性


皮がかぶったまま亀頭部がまったく露出できない真性状態は、確かに危険で包茎手術が必要な状態と言えますが、亀頭部を露出できる仮性包茎の危険性はどのようなものがあるでしょうか?病的な意味では仮性包茎は危険性が少ないと言えます。   とはいえ、通常時は亀頭部が皮の中に入ったままなので、悪臭や恥垢は出やすくなってしまいます。   女性にとって臭いは大きなマイナスポイントですので、仮性包茎でも気をつけなくてはいけません。   また亀頭部が露出したり、かぶったりしやすい方は、陰毛が挟まる恐れもあります。   陰毛がひっぱられてとても痛いことがあるので、そのような危険性はあります。   できるだけきちんと包茎手術をして、いつも亀頭部が露出している健康な状態にしておくことが最適です。  

 

タグ :

仮性包茎

仮性包茎とは?


仮性包茎とは、勃起していない通常時は亀頭部が皮にかぶっているけれど、勃起すると皮がむけて、正常に亀頭部を露出できる包茎のことを指します。   ある調査では日本人の過半数が仮性包茎だという結果も出ています。   セックスするのに不便がない仮性包茎は、包茎の中でも一番軽度です。   また男風呂に入っても、仮性包茎の人は見かけるので、コンプレックスも少ないと言えます。   包茎手術も絶対しなくてはいけない状態ではないので、おとなになっても仮性包茎のままでいる方もいます。   しかし仮性とはいえども、いつも皮の中に亀頭部が隠れている状態ですので、恥垢やバイ菌がたまりやすいといったデメリットはあります。   また臭いもしやすいので、女性には敬遠される傾向にあります。  

 

タグ :

仮性包茎

2chで流れる仮性包茎の噂


インターネット上で情報を集めるツールとして、2chを利用している人は多いです。   2chはスレッドにたくさんの書き込みがされていて、とても使えるツールですが、情報の内容は根拠のないものが多いので、気を付けて利用しなければいけません。   特に仮性包茎などの包茎の噂は、人の隠したいものなので、2chでは好まれて書き込みがされています。   その中で日本人の7割は仮性包茎だという噂や、包茎手術に失敗したという話の記載がありました。   確かに昔から日本人の過半数は仮性包茎だと言われ、仮性包茎の人には安心できます。   しかし2chの過敏な噂には、真実でないこともあります。   仮性包茎の方は男性専用クリニックなどで正しい情報を聞き、対処することが最善になります。  

 

タグ :

仮性包茎

仮性包茎の治し方


男性の陰茎はだいたい18歳くらいまで成長し続けます。   18歳過ぎても皮が亀頭にかぶったままの方は、包茎手術を受けた方がいいかもしれません。   包茎の中でも一番軽度な仮性包茎ですが、18歳になると成長が止まるので、その歳を超えて自然に包茎が治ることはまずありません。   仮性包茎の治し方は、包茎手術を受けて処置するしかありません。   たまにインターネットで包茎が治る器具が販売されていますが、きちんと治すには男性専門クリニックに行って包茎を治す方がいいです。   仮性包茎だと早漏になりやすい傾向にあります。   通常時は皮に亀頭部がかぶっているので、刺激を受けにくいからです。   パートナーのエチケットのためにも、包茎手術で仮性包茎を治すのが一番理想と言えます。  

 

タグ :

仮性包茎

仮性包茎は矯正できるの?


仮性包茎を完璧に治療するには、包茎手術をして余った皮を縫い合わせるしか方法がありません。   しかしながらインターネット上をはじめとする通信販売では、仮性包茎の矯正器具が販売しています。   中にはこの矯正器具を使って、包茎を治した方もいます。   たとえばリングを使って仮性包茎を矯正する器具があります。   この器具は包皮がいつもむけているように癖をつけることによって、仮性包茎を治すものです。   長時間つけていても痛くないように、素材を柔らかいゴムにすることによって、一日装着することを可能にしています。   また陰毛を巻き込まないように工夫がされています。   包茎手術のように完全にはならないものの、どうしても手術の費用がなかったり、行けない方は利用しています。  

 

タグ :

仮性包茎

仮性包茎の治療は保険がきくの?


包茎手術の費用は安いものではありません。   男性専門クリニックでは、手術の内容にもよりますが、だいたい10万円から30万円かかります。   特にまだ働いていない学生の方であれば、安く包茎手術をしてしまいたいところでしょう。   健康保険が適用になれば、ある自己負担がかなり楽になるので助かります。   しかし、仮性包茎の治療は保険はきくのでしょうか?残念ながら仮性包茎には健康保険は適用できません。   仮性包茎は真性包茎のように常時皮がかぶったままの状態ではありませんので、病気とみなされないからです。   もちろん仮性包茎は通常時皮がかぶったままなので、恥垢がたまったり臭いがしたりとデメリットがあります。   しかし包茎手術する際は、自己負担で行うしかありません。  

 

タグ :

仮性包茎