包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

カントン包茎 2chの声


カントン包茎で悩まれている方が2chのスレッドを見て、包茎手術を過敏にとらえ恐れて、自力で矯正しようと試みる方も多いようです。   2chを見ると、包茎手術を行ったところ悪徳クリニックで、高額請求の被害を受けたといった情報を見かけます。   またカントン包茎は自力で治せるといった投稿や、包茎手術は痛いからやめた方が良いという意見も記載されています。   このような情報を真に受けると、包茎手術を受けることはやめようという気になってしまいますが、カントン包茎はしっかり治療しておかないと、大変な事故につながる危険性があります。   きちんとしたクリニックや泌尿器科で手術を受ければ、2chに記載されているような被害にあうことはありません。   情報をしっかり見極める必要があります。  

 

タグ :    

カントン包茎(嵌頓包茎)

カントン包茎 露出


カントン包茎は一見すると、仮性包茎のように一応皮がむけるので、問題ないかのように思える包茎です。   しかしカントン包茎は、勃起して亀頭部が露出したまま、元のように皮がもどらなくなってしまうことがある危険性のある包茎です。   カントン包茎が事故につながる大きな原因は、包皮口が非常に狭いにもかかわらず、強引に包皮をむいて亀頭部を露出させることです。   その結果包皮が戻らなくなってしまったり、亀頭部が締め付けられて鬱血したりしてしまうのが原因です。   痛みを感じるようでしたら、露出できるからといって亀頭部を露出させるのは大変危険です。   カントン包茎の場合、無理をしないで包茎手術を行い、原因を解消し、亀頭が無理なく露出できるようになることが必要です。  

 

タグ :    

カントン包茎(嵌頓包茎)

カントン包茎を治すには?


カントン包茎は真性包茎のように包皮が長くないので、一応亀頭部を包皮から露出することが可能です。   しかし勃起したときに、亀頭部が露出したまま元に戻らず鬱血してしまう恐れがある包茎です。   包茎手術は恥ずかしいので、できるだけしたくないという方は多いです。   そのためカントン包茎を自力で治す方もいます。   軽度のカントン包茎の場合、自力の矯正で治す方もいますが、重度の場合は必ず病院で包茎手術する必要があります。   カントン包茎を治すのに一番いいのは、包茎手術専門のメンズクリニックでの治療です。   包茎手術には皮膚の切開が必要になりますが、泌尿器科とは違いメンズクリニックの場合、仕上がりも傷が目立たないようにきれいにしてくれます。  

 

タグ :    

カントン包茎(嵌頓包茎)

カントン包茎の矯正


重度のカントン包茎の場合、病院で包茎手術する必要がありますが、軽度の場合自分で矯正することにより治される方もいます。   むいたり戻したりを少しずつ繰り返して、矯正していきます。   しかし亀頭が元の状態に戻らないなど大変な事故につながる恐れもあります。   インターネット等では、カントン包茎の矯正器具も販売されています。   矯正器具を使えば、二週間程度で包皮が無理なくむけるようになり、亀頭部を露出することができるようになります。   包茎手術専門クリニックで手術を受けると、亀頭の下の目立たない部分で縫い合わせをするので、手術後の傷は目立たなくなります。   しかし小さな傷はどうしても残ってしまいます。   その点矯正器具でカントン包茎を残すと、傷が残るようなことはなくなります。  

 

タグ :    

カントン包茎(嵌頓包茎)

カントン包茎の保険適用


カントン包茎を治療する際、健康保険は適用できるのでしょうか?真性包茎とカントン包茎については、日常生活を営む上で問題が生じることがあるので、病気という診断がなされます。   そのため新性包茎とカントン包茎は、健康保険が適用になります。   ちなみに仮性包茎については病気と認められないので、保険適用はできます。   しかしながら保険を適用できるのは、泌尿器科での包茎手術のみとなります。   泌尿器科の治療はあくまで病気の治療なので、手術の傷口を目立なく仕上げるなどの配慮はありません。   包茎手術専門の男性クリニックできちんと手術する場合は、カントン包茎でも保険の適用はできません。   男性クリニックの場合、手術費用の目安はだいたい10万円から20万円かかります。  

 

タグ :    

カントン包茎(嵌頓包茎)

カントン包茎の治療


カントン包茎は真性包茎のようにまったく亀頭が露出できないわけではなく、一応皮がむける状態のため、包茎治療をする必要がないのではないかと思われてしまう傾向があります。   しかし早めの治療を行っていないと、勃起したまま皮が戻らなくなるなど、大変な事故につながりやすいのがカントン包茎です。   また包皮をむくときに出血を起こすこともあります。   このような大きな事故につながらないためにも、自分がカントン包茎だと思ったら、早めに病院に行って診断して治療をする必要があります。   包茎手術は後々傷が残ると格好が悪いですし、手術したことがパートナー等にバレてしまう可能性が有ります。   カントン包茎は包茎手術専門のクリニックで行うのがベストと言えます。  

 

タグ :    

カントン包茎(嵌頓包茎)

カントン包茎を放置するとどうなる?


カントン包茎は、軽度であれば真性包茎のように包茎手術が必須と診断されないこともあります。   一応セックスすることは可能ですし、仮性包茎のように自由にむいたり戻したりできるわけではありませんが、日常生活に支障はあまりないです。   しかし一番怖いのは、勃起して皮がむけたまま、元に戻らなくなることです。   カントン包茎を放置すると、このような大変な事態になる恐れがあります。   重度のカントン包茎ですと手術は必須になりますが、軽度の方も一生続くことですから、早めの治療をしておく方が最善です。   勃起して亀頭部が大きくなり、皮がむけたまま戻らなくなって、鬱血して病院に駆け込んだという例も数多くあります。   笑い事でなく、一生性器に支障をきたす事態になりかねません。  

 

タグ :

カントン包茎(嵌頓包茎)

カントン包茎の手術


軽度のカントン包茎であれば、包皮をむいたり戻したりしている内に、少しずつ包皮輪が広がっていって、手術しないでも治ることがあります。   しかし重度のカントン包茎の場合は、包茎手術をして安全な状態にしておく必要があります。   カントン包茎の手術でよく行われている手術法には、背面切開術と亀頭直下埋没法の二つがあります。   背面切開術は切開部分が少なくてすむ手術です。   また傷の治りも早いので、手術法として取り入れている病院もありますが、手術後の傷痕が目立ちやすくなってしまいます。   包茎手術専門クリニックで取り入れている亀頭直下埋没法の場合、勃起した時の陰茎のサイズを測り、余分な包皮を切除して、亀頭の下の部分で縫い合わせます。   そのため、手術の傷は目立ちにくく、きれいな仕上がりになります。  

 

タグ :    

カントン包茎(嵌頓包茎)

カントン包茎の治し方


カントン包茎は、皮をむいて亀頭部を露出をすることは可能なものの、包皮口が狭すぎるため性器を圧迫してしまう包茎です。   カントン包茎は亀頭を露出することはできても、勃起すると痛みを感じることがあります。   最悪の場合、勃起したまま包皮を戻せなくなってしまい、鬱血してしまうことがあります。   このカントン包茎の治し方はどのようなものがあるのでしょうか?締め付けがゆるい軽度のカントン包茎の場合であれば、治し方としてむいたり戻したり何度もしている内に自然に治ってしまうという例もあるようです。   しかしそのような治し方だと、自力で治そうとしている内に、包皮が戻らない等の事故に発展してしまう恐れもあります。   セックスするときのことを考えても、一度病院でしっかり治療しておくことが大切になります。  

 

タグ :    

カントン包茎(嵌頓包茎)

カントン包茎を放置すると?


カントン包茎は包皮を一応むくことができ、亀頭部を露出することができます。   軽度であればセックスすることも可能です。   しかしそのままカントン包茎を放置すると、どうなってしまうのでしょうか?カントン包茎は仮性包茎に比べて包皮が大変狭いので、放置するとむけても戻せなくなることがあるのです。   皮をむく時は簡単にむけても、勃起して亀頭部が大きくなると元に戻せないことがあります。   包皮が性器を圧迫してしまうからです。   最悪の場合、放置すると鬱血して病院に駆け込まなくてはいけなくなってしまいます。   また皮をむくと、亀頭部の根元が締め付けられて痛みを感じる方もいます。   カントン包茎だと診断されたら、包茎手術をして問題のない状態にしておく必要があります。  

 

タグ :    

カントン包茎(嵌頓包茎)