包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

老人性包茎ランキング


◆仮性包茎・真性包茎・カントン包茎、包茎と言えばこの3つの名前が挙がることが多いですが、じつはそれ以外にも包茎があるのです。しかし、一般的なものではないので別のものとして扱われるのですが、1つが老人性包茎というもので高齢者を中心に起こりやすくなっています。 ◆老人性包茎とは、年齢とともにお腹が垂れてしまい皮膚の中にペニスが埋まってしまうこと、またはペニスが委縮し短くなり、さらにお腹が垂れてくることでペニスが包皮を被ってしまう症状のことをいいます。老人性包茎はメタボリックシンドロームによって引き起こされる場合もあり、大体の方が50代以降に発症する事が多いそうで、60代になると5人に1人は老人性包茎とも言われています。早ければ40代になるケースもあるとの事です。中高年になると発症する可能性の高い老人性包茎は、医療の進む現代では高齢化とともに老人性包茎に悩む方が大勢増えてきています。しかし、それに比例するように老人性包茎への治療に努める方も増えているそうです。この老人性包茎の1番の予防としては、脂肪の過剰摂取を改善する事にあります。脂肪の取りすぎはおなか周りをダブつかせると同時に、血液も脂によりどろどろになってしまうのです。下腹部の脂肪によってペニスは埋没し、ドロドロの血液により血流が悪くなれば高脂血症でペニスの萎縮も早まってしまいます。年齢による細胞組織の収縮は誰にでも起こることです。それは、陰茎も同じことが言えます。若かった頃は普通でも、老いることで包茎、短小になる事があります。体内にペニスが埋もれる症状としては、埋没包茎と似ています。また、老人性包茎はペニス自体の異常はあまり見られない、どちらかと言えば加齢による細胞の減少によるもの、ということも埋没包茎と近い症状です。 ◆老人性包茎の大きな特徴として、包茎ではないにも関わらず年齢を重ねることによって老人性包茎になる可能性が高くなるという事です。というのも、高齢により体力、精力が衰えることで下腹部が弛んだり張りだす事と、陰茎海綿体(ペニス)の細胞が委縮してしまっていく事が原因となります。高齢者包茎は全ての男性に必ず起こる症状ではないのですが、個人の体質や元のペニスの状態、若いころのライフスタイルなどに関係なく、誰でも起こる可能性があるという事が何よりも厄介な問題でしょう。 ◆どんな方でも、いつかは介護を受ける日が来ると思いますが、もしそんな時に老人によくある埋没性陰茎、包茎や短小だったなら、下の世話を受けるときに人目にさらされてしまいます。せめて人に見られるところは普通でいたいものと、そのような考えを抱える高齢者が増えてきているようです。自身の家族である、息子や娘、またはヘルパーさんなどに、自分の下半身を見られるのは、ただでさえ恥ずかしいことです。さらにそれが包茎だったとしたら、男性としての責任感が強く、威厳の高い方であるなら、耐え難い辛さや惨めさを感じてもおかしくありません。介護を必要としない方でも、排尿時にペニスが取り出しにくい為に、衣服や床を汚してしまいがちになります。排泄関係は毎日の事ですから、日常的にこういったことが起こってしまいます。また、ペニスが体へ埋没しているので包茎と同じような症状、膿や恥垢の溜まりやすさは健常なペニスよりもちろん早くなります。介護をする側にとっても、こういったことは心配になりえますので、手術を受けることに意味があります。成人用のおむつを使用する場合は、排便や排尿などの処理をしても陰茎内部の洗浄までどうしても手が回らないので、雑菌が知らないうちに溜まってしまい尿道炎や炎症を起こす事もあります。持病がある方や、心臓病・糖尿病・内臓系などの手術経験のある方は、治療がいつでも受けられるという訳にはいきません。なるべく数値の安定している間に、身体の抵抗力、体力がある時にしておかなければ出来なくなる可能性もあります。早くに包茎治療をしておくことで、羞恥心や悩みから解放されますし、包茎で付き物の病原菌、細菌の温床を無くすことで、入院や介護の準備に安心して集中できます。 ◆老人性包茎 治療法 老人性包茎の治療法ですが、仮性包茎や真性包茎などとは違い、包茎手術の代表的な“余分な包皮の切除”という事は行いません。理由として、ペニス自体やペニス周りの包皮には何ら問題がないからです。老人性包茎は、加齢によって垂れてしまった下腹部でペニスが埋もれて見えなくなる状態や、歳が重なることでペニスの細胞が自然と委縮してしまい体内にペニスが埋もれてしまう状態になります。ですので治療法としては、ペニスを表に見えるようにするためペニスを増大させる、いわゆる長茎術による治療を行うことが多くなります。要するに、埋まってしまった部分よりもペニスを長くし露出することで老人性包茎の治療が完了します。陰茎や亀頭増大の手段として、マッサージや精力剤、専用器具を使うなど色々とありますが、1番の確実な方法は男性専門クリニックにて長径術、長茎手術、亀頭増大手術をするのが良いでしょう。 ◆包茎専門クリニック メリット ▽皐月の口コミ 仕事上の関係で接待が多かったせいか、40代にはお腹がポッコリに。少しくらい太るくらい何てことないだろうと気にせず過ごしていましたが、下っ腹が出ることで余った皮がどんどん下腹部に集まり、いつの間にか仮性包茎になっていました。痩せれば治ると思いダイエットを始めたのですが、一度伸びた皮は戻らず包茎も治りませんでした。こんな歳で包茎の悩みなんて相談できませんし、悩んでいましたが、中高年向けの包茎手術を行っている皐月形成クリニックをネットで見つけ、すぐにクリニックに行きました。包茎について相談すると、先生から丁寧に包茎の仕組みについて詳しく説明して下さり、ここなら安心だろうと思い手術をする事にしました。さすがに当日は不安になりましたが、手術は20分とすぐに終わりました。今では傷跡もすっかりなくなり、手術して良かったと思ってます。悩みを抱えている方がもしいらっしゃるなら、クリニックにぜひ行ってみてください。 ▽皐月の口コミ 歳のせいかだんだんとお腹がたるんでペニスが見えづらくなってきたのだが、生活する分には不便はないし、包茎でも気にしていませんでした。でも、最近は身体もずいぶん不自由になってきているので、いつか息子やヘルパーの方に介護を受ける事を考えたときに、包茎だと恥ずかしいと思うようになったんです。体が元気なうちにと皐月クリニックで包茎手術をしました。ここで受けて本当によかったです。私の体力に気を配ってくださったり、薬の調節もしてくれたりと安心して受けられました。この先の心配がなくなり良かったですよ。 ▽皐月の口コミ 若いときにはちゃんと剥けてたし、まさかこんな歳になって包茎になるとは思ってもみませんでした。歳だってわかってるけど、ペニスもすっかり委縮しちゃってるし、お腹のたるみでペニスもほとんど見えなくて、どうしようかと悩んでいたんです。でも孫とお風呂に入っているときに「おじいちゃんはおちんちんないの?」と聞かれて、手術を受ける決心をしたんです。少し調べると皐月形成クリニックでは年配の人の包茎を中心に手術しているそうで、ここで手術を受けることにしました。今では孫と一緒にお風呂に入っても恥ずかしくないですし、もしヘルパーさんのお世話になっても安心できます。 ◆本田の口コミ 60歳 若い時には問題なく剥けていたし、子供も5人作ることが出来た。しかし、自分でも心底驚くほど短くなっていた。まあ、この数年間は小便をするのにしか使わないし、それほど気にしてはいなかったのだが、というのも、一気に短くなったわけではなく、自分では気付いていなかった。だが、久々に孫と風呂に入ったら、「おじいちゃんは男なの?」とおかしいこと言われた。「じいちゃんは男だぞ、当り前じゃないか」と答えると、「でも男っておちんちんがあるでしょ?おじいちゃんにはないよ?どうして?」と言われて、驚いて自分のを見てみると、孫が言ったようにほとんど股間が埋もれてしまって見えない状態だった。さすがの私もこれにはうろたえた。妻には、「気にしすぎじゃありません?」と言われるが、男にとっては大問題だ。すぐに専門の医者に相談することにした。ここにしたのは、自宅と仕事場から離れているし、通勤の途中にあるので便利だった。カウンセリングをすると、切らない長茎手術というのを提案された。施術を受けてみると、昔のような剥けた状態に戻り、手術前より6センチほど長くなりとても満足している。 ◆本田の口コミ 歳をとったら股間ぐらい、なんだっていいという考えもあるかもしれませんが、私は結構大変なことだと思っています。一日中、皮を被っている状態ですとやはり蒸れたりするでしょうし、異臭だって出ているかもしれません。それは自分にとっても嫌なことですし、他人にもあまり気持ちの良いものではないでしょう。そして、介護を受ける立場になった時の事を考えるのが一番の気がかりです。介護施設などに入ると、体は不自由でしょうし下の世話をしてもらうことになります。やはり自分の下半身が裸になったときに、股間を見られると思うと、恥ずかしくてやりきれない気持ちになるでしょうし、男としてきちんとしておきたいと思ったのです。手術には多少戸惑いはありましたが、決心して家族のだれにも気づかれないように手術を受けました。本田ヒルズタワークリニックにお願いしたのは、通院や入院をする必要がなく、手術の直後に走れるたり体への負担が少ない手術方法をとっていると書いてあるのが決め手でした。実際の院内は、男のスタッフばかりでしたし、何よりも私の気持ちを理解してくださったのが一番良かったです。手術後の出来栄えも、だれに見せても恥ずかしくないくらい良い出来だと思っています。