包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

真性包茎の手術


真性包茎の手術はまったくむけてない皮を切除するのですから、大がかりな外科手術を想像してしまいますが、手術自体は簡単に終わります。   クリニックや手術方法によっても異なりますが、だいたい30分から40分程度で終了します。   はじめに診察室で下半身裸になり、消毒をして、必要であれば陰毛を少し剃ります。   その後麻酔注射を性器に打ちます。   性器に注射するわけですからかなりの痛みを想像しますが、一瞬のちくっとした痛みで終わります。   そして本番の切除が始まります。   麻酔が効くので痛みの心配は必要ありません。   その後亀頭の下の目立たないところで、しっかり縫い合わせて終わりになります。   アフターケアや今後の流れの説明を受けて、すぐに帰宅することができます。  

 

タグ :    

真性包茎

この記事に関連する記事一覧