包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

包茎手術は保険適用になる?


包茎手術の際の健康保険の適用ですが、残念ながら仮性包茎の場合は適用になりません。   カントン包茎や真性包茎のケースでは、生活に支障をきたすという判断基準で病気扱いとなりますので、保険が適用になります。   健康保険が適用されると、自己負担する分は1万円から3万円くらいになります。   ただし保険適用ができるのは、泌尿器科での手術のときだけです。   美容外科などの包茎手術を専門にしているクリニックの場合、保険適用にはなりません。   泌尿器科での手術は、背面切開法や環状切開法と呼ばれる手術になります。   背面切開法は包皮に切れ目を入れる手術で、皮を短くする手術ではありません。   あくまで真性包茎やカントン包茎といった生活に支障のある状態から、仮性包茎にするまでの手術になります。  

 

タグ :

包茎治療の基礎知識

この記事に関連する記事一覧