包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

包茎手術するとツートンカラーになる?


包茎業界では、ツートンカラーという言葉をよく聞きます。   ツートンカラーは、泌尿器科などで簡易的な包茎手術をすると起きやすい現象で、手術をしたときに縫い合わせた部分を境に、色が二色に分かれてしまうことを言います。   ツートンカラーになってしまうと、一生性器の見た目が変になってしまうので、避けておきたいです。   男性専門クリニックで高いクオリティの包茎手術を受けると、ツートンカラーになりにくいです。   亀頭の下の見えにくい部分で縫い合わせますので、包茎手術をしたことを前提に細かくチェックしないと、分かってしまうことはほぼありません。   包茎であることが恥ずかしいので包茎手術をしたのに、もっと恥ずかしくなってしまったという話もあります。  

 

タグ :

包茎治療の基礎知識

この記事に関連する記事一覧