包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

彼女・友人に包茎手術を受けたことはバレない?


包茎の治療を受けたのに、周りに手術がバレてしまっては意味がありません。   包茎治療を受けたことが周りに知られることがないか、気にする方は少なくないでしょう。   ●泌尿器科の手術は跡が残る可能性あり 泌尿器科の包茎手術の方法は、ツートンカラーになりやすく、陰茎のちょうど真ん中あたりで縫合することでツートンカラーの状態になってしまいます。   包茎専門クリニックでも行っているところは少なからずありますが、最近はツートンカラーになりにくい方法が主流となっていますからそこまでの心配する必要はないでしょう。   ●近くでじっくり見ないとわからない 色ですぐわかってしまうツートンカラー以外の傷跡は、皮の皺などで傷跡が隠れるので基本的には目立ちません。   じっと見つめられない限りわかりませんので、銭湯などで友人に見られても何も問題はないのです。   性行為の最中にバレるのでは、とビクビクしている方もいるかもしれませんが、照明を少し落とした中なら発覚することはほぼないでしょう。   それでも心配な方は中にはいると思います。   そんな方は、実際に包茎手術をした後の症例写真をクリニックで見せてもらいましょう。   手術した跡がどうなっているか確認すれば、仕上がりがはっきりわかりますし、安心できるはずです。   ●抜糸が必要のない糸 縫合に使う糸には、抜糸が必要になるナイロン糸を選んだほうが、傷跡が残りにくくなります。   ですが、抜糸が一切必要のない吸収糸にすると、傷跡が残りやすくなります。   費用も吸収糸の方が高くなりますから、傷跡・費用の事を考えて、ナイロン糸を選択するのもいいでしょう。  

 

包茎手術 よくある質問

この記事に関連する記事一覧