包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

包茎手術後のアフターケアとは?


包茎の治療を決意した後には、まずクリニックを選択するという所から始まるでしょうが、その際にチェックして置きたい所が“アフターケア”になります。   クリニックによっては、アフターケアが充実しているところ、あまり力を入れていないところがありますので、重要なポイントになる、このアフターケアについて解説していきます。   ●包茎施術後のケアについて 治療内容にもよりますが、縫合した状態の場合は、皮をそのままにしておくのは相当危険です。   家に着くまでの間に衣服などに擦れて、大量に出血するかもしれません。   患部の保護という意味で、亀頭に薄く包帯を巻くといった処置を行ってくれます。   これをするかしないで大きな違いがありますが、クリニックの全てで行っていますから、心配する必要はありません。   ●包帯をした後の見た目 ペニスに包帯なんて巻いたら、股間が不自然に膨らむのでは?と心配される方もいるかと思います。   しかし、包帯自体は薄いですし、大きく膨らむ程巻く事もありません。   この点は安心できます。   下着の上からでも、おかしさや不自然さといった事は感じないはずです。   また、排せつもしやすいような巻き方になっていますし、歩きにくいといった日常への支障をきたすこともありません。   ●痛み止めについて 手術の次の日から出勤する方も珍しくありません。   痛みが出ないか心配、という方もいるでしょう。   そんな時には、クリニックに痛み止めを出してほしいとお願いすれば、提供してもらえます。   ●抜糸について 使う糸の種類によっては抜糸を行う場合、行う必要がない場合があります。   ナイロン糸(施術用)の場合は、抜糸を行わなくてはなりません。   しかし、最近では自然と体に吸収される糸を使った手術も多く、吸収糸を使った場合は抜糸の必要がなくなります。   ●再手術について アフターケアが整っているところであれば、再施術を無料で行ってくれます。   実際にそういうアフターケアを設置しているクリニックは多くあります。   しかし、クリニックの中には再手術、修正手術を全く行っていない所もありますので、クリニックの情報を事前に確認した方が安全です。   ●電話・メールでの相談 万が一何か問題が起こった時の電話相談に関しては、きちんと対応してくれる可能性が高いです。   メール相談についても24時間対応しているクリニックが多く、こういったアフターケアは手厚いようです。  

 

包茎手術 よくある質問

この記事に関連する記事一覧