包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

包茎手術をするとセックスの感覚が鈍ってしまわないのか?


亀頭に被った皮をメスで切除してしまうのが包茎手術になりますが、余分な皮をしっかり取り除かなければ、包茎への処置が完了できません。   ひとつ問題なのが、メスが入ったことによってセックスの快感がなくなってしまう可能性についてです。   現実に、快感について問題が出てきてしまった例があるのでしょうか。   包茎手術を行う男性のほとんどが、セックスを今まで以上に楽しみたいと思っていることでしょう。   ペニスの感じやすい部分として亀頭を思い浮かべると思います。   亀頭に関しては全く心配はないです。   包茎手術は、皮だけの切除になりますから、メスが亀頭に入ることはありません。   ですが、亀頭以外にもセックスの快感を得られる部位があります。   聞いたことがある方もいるでしょうが、ペニスの裏の部分に気持ちよさを感じさせる部分があり、そこは裏筋と呼ばれています。   その部分を取り除いてしまうと、セックスの快楽が減ってしまう可能性が高くなります。   そうした理由から、最近では裏筋を避けて縫合する手術方法が多くなっています。   美容整形手術に近いような手術も実際に行われていますし、心配がなくなっています。   さらに、裏筋をすべて残せる手術方法も開発されており、亀頭直下埋没法はその名の通り亀頭の直下で縫合する方法で、根本で縫合する方法などもおすすめになります。   ●包茎手術後は快楽が強くなるのが普通 包茎手術後のメリットとして、亀頭が露出することにより遅漏が改善する事があります。   包茎というと早漏につながると考える人がほとんどかもしれません。   ですが、それは仮性包茎の時に限ります。   仮性包茎の場合は、通常時は皮が亀頭に被っているせいで刺激が与えられにくく、セックス時のみ皮がむけて露出するため、我慢できずにすぐ射精するケースが多くなります。   その一方で、真性包茎やカントン包茎の場合は常に亀頭が皮に包まれている状態になります。   もちろんセックス時においてもです。   亀頭が直接刺激を受けられないために、遅漏になってしまう事も少なくないのです。   そういった状態が包茎手術によって改善されると、亀頭が露出して今まで以上の快楽を感じれるようになるです。   そして中には、今まで性行為中に射精できなかったのが発射出来た、というケースまであるくらいです。   感度が無くなる事を恐れるのではなく、こうしたメリットも実際にあると知っておくといいでしょう。  

 

包茎手術 よくある質問

この記事に関連する記事一覧