包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

包茎手術への決断に踏み切れないのですが?


包茎の治療をしたいと思っていても、恐怖や不安で踏み切れないと思うのは当然の事です。   デリケートな部分でありますし、失敗だけは絶対に避けたいものです。   痛みも気になるでしょう。   不安を解消して、包茎手術を安心して受ける為には色々な情報について知る事が大事です。   ここでは、どのくらいの人が包茎手術をしているのかについて詳しく紹介していきます。   包茎手術をする人の数が分かると、自分も受けてみようかな、という風に気楽に考えられるかもしれません。   ●今では様々な包茎専門クリニックがあり、ある大手専門クリニックの年間実績数だけを見ても、年間1万件以上もあり、多いところですと年間2万件以上の症例数を掲げるクリニックもあります。   全部が全部、包茎手術というわけではなく、その中には修正治療も入っている可能性はありますが、それでも年間に1万人近くの方が大手の専門クリニックで包茎手術を受けているという計算になります。   専門の大手クリニックはいくつもありますので、少なくても数万人以上包茎手術を受けている計算になります。   そこに包茎治療に対応する美容外科クリニック、中小のクリニックの実績も合わせると、10万件は軽く超えているかもしれません。   ですが、これらの数字は残念なことに推計になります。   公にはっきりとした数字が公開されているわけではありませんし、それぞれのクリニックに協力してもらい集計を出すにしても、プライバシーに関することですし、経営面での問題もありますから、ほぼ不可能といえるでしょう。   しかし、世の中にこれだけ包茎手術に対応するクリニックがある事を考えると、需要がそれだけあるという事が結論付けられます。   ●確率から計算をしてみる わかりやすいよう細かな数字は省いていきますが、日本の人口は約1億2千万人です、男女の比率は半々ですから男性の人口は6千万人となります。   包茎の人の確率は諸説ありますが、人種によって差が生まれないとされていますから、実際にアメリカで行われた包茎率の調査からとって、7割と見込みます。   そこから計算すると、日本の男性の包茎人数は約4千2百万人となります。   年間の包茎手術の人数は数万人と言われていますが、ハッキリとした数字は公開されていませんので、ここでは5万人としましょう。   平均年齢を80歳とし、計算しますと包茎手術人口は“4百万人”と出てきます。   日本の包茎男性の人口は4千2百万人ですから、包茎男性の10人に1人は包茎治療を受けていると計算できます。   この結果を高いとみるか低いと見るかは個人の考え方によって異なるでしょうが、少ない数字とは言えないでしょう。  

 

包茎手術 よくある質問

この記事に関連する記事一覧