包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

包茎手術のリスクとは?


・包茎を治すために手術を受けられる方は多くなっていますが、メリットだけを見てはいけません。   そこにはデメリットも存在していますので、確認してから決めたほうがいいでしょう。   ●手術は必ず成功するわけではない 包茎手術となると、余っている包皮を切り取ったり固定する方法があります。   皮を少なくすることで包茎の改善を図っていくわけですが、手術が失敗に終わるリスクもあります。   包皮を切り取ったのに、まだ包皮が余っているケースもありますし、逆に皮を切り取りすぎて、勃起をすると皮が突っ張って痛みが出てしまったという報告もあります。   クリニックを選ぶなら、実績がしっかりとある安全性の高い所を利用するようにしましょう。   ●傷跡の問題 コンプレックスを解消するための包茎手術のはずが、コンプレックスを作る可能性もあります。   縫合部分の傷跡が目立って残る事も実際にあるのです。   そうなると、手術をした事がすぐにバレてしまいますから、ペニスへのコンプレックスが残るという事も考えておかなければなりません。   傷跡のリスクを回避するには、医師の技術力や手術の種類を見ることです。   縫合に使われる糸の種類でも、傷跡の残りやすさが変わっていきます。   特に吸収糸ですと、傷跡が残りやすくなるので注意したほうが良いでしょう。   ●セックスの快感が半減 包茎は余った皮を切るという方法がありますが、切り取った皮に性感帯があるとされています。   包茎手術をした事で性感帯まで一緒に取り除いてしまい、セックスの気持ちよさが薄れてしまった、というケースも実際にあります。   裏筋のあたりには特に性感帯が集中しているとされていますので、無視できない問題です。   対応策としては、いくつかのクリニックのカウンセリングを受ける事です。   その際に、そういった手術を行うのか確認をきちんとしましょう。   性感帯と皮の関係性について理解があり、明確な答えを出してくれるクリニックを選ぶのが得策です。   ●ツートンカラー 以前では、包茎手術を行った事がすぐにわかってしまう事が多くありました。   ペニスの根元がわと亀頭の色が継ぎ目でハッキリと色が分かれてしまう事を指してツートンカラーと言われていたのです。   しかし、そうした問題も今では解決されており、専門クリニックでは、ツートンカラーになりにくく傷跡も目立ちにくい亀頭のすぐ下で縫合する方法が浸透しています。   ●高額費用への注意 包茎手術の費用は、安ければ3万円の所もありますし、高くなると50万円、100万円の施術を勧めてくるところもあります。   安くても良いとは言えませんが、高ければ高いほど良いとも限りません。   施術の技術力なども考慮しつつ金額の判断をする必要があります。   中には、手術料金を吊り上げるために、亀頭の増大術といった無用なオプションを追加しようとするクリニックもあります。   手術の内容をきっちり確認し、適正な料金か確認しましょう。  

 

包茎手術 よくある質問

この記事に関連する記事一覧