包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

包茎手術には麻酔を使ってくれるのか?


包茎手術を受ける時に、誰でも気になるのが痛みについてでしょう。   ペニスの手術を行うのですから、ほとんどの方が心配になるはずです。   ペニスの痛みは男性にしかわかりませんが、そうした所の皮を切るのが包茎手術です。   どれくらい痛いものなのか、デリケートな部分でありますから余計に考えてしまうものなのです。   ●麻酔は必ず行うもの ペニスの一部分を切り取る施術になりますから、麻酔を行わずに施術を行うとすると痛みで手術どころではなくなるでしょう。   我慢できる痛みではありませんから、のた打ち回ってしまう可能性も高く、そんな状況で正常な手術が受けることは出来ないのです。   患者さんの安全を確保する為、確実に精度の高い手術をする為にも麻酔が使用されているのです。   麻酔の方法として、完全な無痛手術をする場合に採用されるのが、皮膚麻酔から始める方法です。   まず、ジェル状の麻酔薬を麻酔を行う箇所の皮膚に塗ります。   これで皮膚の表面の感覚を鈍くするのですが、本番である麻酔薬の注射を際に痛みを感じないようにするために行うものです。   この皮膚麻酔を行った後に、注射による麻酔を実施します。   つまり、注射時の麻酔の針の痛みを取るために、この皮膚の感覚を麻痺させる麻酔を使用するのです。   当然ですが、注射時の麻酔を打たれる時は、痛みがありますので、その痛みを取る為にこの方法を使います。   もう一つの方法として、皮膚麻酔を行わず麻酔注射をそのまま打つ方法があります。   特にペニスは痛みを感じやすい場所ですから、麻酔を打たれるときには相当な痛みを感じる方もいますので気を付けなければいけません。   歯科診療で麻酔を打たれる時の感覚に近いものがあります。   しかし、医師の経験や技量次第で痛みに違いが出てきますから、経験豊富な医師が担当するクリニックを選ぶことが重要です。   ●不安や恐怖が強い方に向いている麻酔方法 包茎手術の麻酔方法で最も使われるのが局所麻酔ですが、ペニスの痛みを取るために行われる必要があります。   ですが、包茎手術に対して強い恐怖感を持つ方も中にはいます。   そうした方には、弱目ですが全身麻酔を行えるクリニックもあります。   効果としては、眠気が少し出る程度ですが気持ちも落ち着いてきますので、かなり怖いと思う方には、全身麻酔の方法を選ぶのもいいでしょう。  

 

包茎手術 よくある質問

この記事に関連する記事一覧