包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

包茎手術で傷が残ったとしても修正手術はできる?


包茎手術を受ける上で心配になるのが、手術後の傷跡でしょう。   これが残ってしまうのは避けたいところです。   ペニスの悩みを解消したくて包茎手術を受けたのに、ペニスに傷という新たな悩み、コンプレックスが出来てしまうのは大問題になります。   包茎専門クリニックなら、様々な傷跡の修正手術にもしっかり対応してくれます。   たとえば、縫合した跡がはっきりと残っていたとしても、きれいな状態にすることが出来るのです。   過去、包茎手術を受けた事で悩んでいる方が多いのが、根元側の皮膚が黒く亀頭側の部分がピンクと分かれてしまう“ツートンカラー”です。   縫合した位置が陰茎の中央部分である場合、そういった状態に陥ってしまいます。   “ツートンカラー”がなぜ悩みになってしまうかというと、たとえ遠くからでも見た目にはっきり包茎手術を受けた事が分かってしまうからです。   それが原因で、女性との関係をうまく作っていけなくなる方もいるほど深く悩まれる方もいます。   ツートンカラーの修正術は難しいとされますが、技術力の高いクリニックなら十分対応してくれます。   ツートンカラーの原因 ツートンカラーは、泌尿器科での包茎手術で起こりやすいと思われるかもしれません。   しかし、包茎専門クリニックであっても、手術の経験が浅く技術力の足りない医師が担当する事でなるケースも少なくありません。   専門のクリニックだから大丈夫、といった安心は禁物です。   ●手術が明らかに失敗した時の対応 失敗を受けたクリニックにお願いするのは嫌なものかもしれませんが、失敗が明らかだった場合は、無料で対応するケースが多くみられます。   そういった事にも備えて、手術前のカウンセリングで確認をとった方が良いでしょう。   ●他院での修正手術を費用 修正手術の費用は、一般的な包茎手術の費用よりも高めに設定されています。   包茎手術の基本的な料金は、5万円~12万円ほどになりますが、修正手術となると数万円以上は高くなるのが一般的です。   経済的にみると厳しくなります。   ですが、修正手術の場合は仕上がりが最も重要になります。   費用の面で気になるとしても、技術力に信頼が持てるクリニックを利用したほうが良いと言えます。  

 

包茎手術 よくある質問

この記事に関連する記事一覧