包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

包茎手術すると何日間か入院しなきゃならないのでしょうか?


手術と聞くと入院が必要なイメージを持っている方もいるでしょう。   実際に『包茎手術で入院がひつようかどうか』について調査してみましたので、気になる方の参考になればと思います。   入院の必要性 包茎の手術といっても、内臓などの深いところまで触る必要はありませんし、手術の内容も余っている皮膚を切り取って縫合するという、いたってシンプルなものです。   身体に対して大きな影響が起こる事はありませんし、手術後に容態が急変するような事もないに等しいでしょう。   なので、基本的には日帰り手術となっています。   包茎手術に採用されるのはほとんどが局部麻酔ですし、麻酔は陰部の周りにだけしか効いていませんので、それ以外の体の部位には影響が一切ありません。   手術中も意識がはっきりしています。   運動や入浴など、ある程度の制限はありますが、普通に生活する分には支障はありませんので、入院の必要はありません。   しかし、クリニックによっては、遠方から訪れる方の為に病室を設けているクリニックもあります。   手術のすぐ後に電車で何時間も乗って帰るのは心配という方も多いようですので、そういった不安のある方は入院設備があるクリニックのほうが安心できるでしょう。  

 

包茎手術 よくある質問

この記事に関連する記事一覧