包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

包茎は遺伝するか?


親から子へ受け継ぐものは様々ありますが、包茎が遺伝するなどといった学説は、今現在でていません。   “包茎の遺伝”は証明されていないのです。   ですので、例えば亀頭がしっかり剥けている親の子であっても、包茎になる可能性はあると考えられています。   しかし、ペニスのサイズに関しては、注意しなくてはなりません。   そのぞれの国の地域や民族によっては、ペニスの大きさや硬さにまで差がありますので、そういった要素は遺伝する可能性が絶対にないとは断言できません。   ●自分の包茎は子供に遺伝しない 「自分が包茎だと男の子が生まれた場合、遺伝させるのでは?」と考えてしまう方もいるでしょう。   ですが、その点は最初に説明した通り心配する必要は全くありません。   基本的に包茎が普通であるという事は、全世界で共通していますし、むしろ包茎の状態は自然で美しいと認識している国もあります。   遺伝以前のはなしで、人間の体は生まれてくる時に包茎になりやすい状態になっています。   赤ちゃんを見ても、生まれた時にはペニスに皮が被った状態ですよね。   人間の最初はだれでも包茎なのです。   ●注意すべきなのはカントン包茎と真性包茎 仮性包茎に関しては、清潔な状態を保ってさえいれば問題ありません。   垢が溜まらないように気を付けていれば良いのです。   注意しなければならないのは、真性包茎・カントン包茎です。   この両者に関しては、手術することをお勧めいたします。   というのも、真性包茎は勃起をしても亀頭に包皮が覆いかぶさってしまいます。   カントン包茎は、亀頭に被る包皮の先端がすぼんでいる為、勃起をすると亀頭を締め付けうっ血を起こす危険性があります。   どちらの包茎にも言えることは、健康被害を出す可能性が高くあるということです。   仮性包茎の場合は、人間にとっては普通の事、本来の姿であるという話をしましたが、真性包茎とカントン包茎は別です。   放置すればペニスに重大な被害が出る事もありえます。   亀頭の炎症は、よくあることで、凄まじい痛みや膿などの症状が出ます。  

 

包茎手術 よくある質問

この記事に関連する記事一覧