包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

包茎は病気にかかりやすくなる?


包茎の状態になると菌の温床が自然と作られるので、様々な病気になりやすいと言われています。   現実にどのような病気を発症しやすくなるか詳しくお話ししていきます。   包茎の方でも、日常ではそこまで意識していない事もあるかもしれませんが、病気の中には注意が必要になる事も多くあるのです。   ●亀頭包皮炎 亀頭包皮炎は真性包茎・カントン包茎以外にも、仮性包茎の方でも発症する可能性があります。   これは、亀頭と包皮に雑菌が繁殖することで炎症を起こしてしまう事が多いのですが、亀頭と包皮が癒着を起こしている状態になると起こりやすくなる病気の一つになります。   排尿時に痛みが出ることがありますが、病状により物凄い痛みが発生したり、膿が出てくる事もありますので、注意が必要です。   対策の方法は、できる限り清潔な状態を保つようにすることです。   入浴時には、皮をしっかり剥いてからペニスを丁寧に洗うようにするとリスクがだいぶ低くなります。   大人だけではなく、子供も掛かりやすい病気ですので注意が必要になります。   ほとんどの方は対策さえしっかりしていれば包茎手術の必要は無いのですが、亀頭包皮炎に度々かかるようなら包茎手術を受けたほうが良いでしょう。   ●尿路感染症 尿道の病気は包茎には関係ないだろうと思う方もいるとは思いますが、包茎の垢が溜まりやすい構造のおかげで、菌が繁殖することになります。   繁殖した菌が、尿道をつたって入り込むことで内部に菌が繁殖するのが尿路感染症です。   ●腎盂腎炎・膀胱炎になる可能性 罹患する可能性はそれ程ではありませんが、腎盂腎炎や膀胱炎に掛かる場合もありますので知っておいた方が良いです。   対策としては、とにかく尿道を清潔に保つことです。   恥垢を貯めておかないように、しっかり洗うことが大切です。   しかし、垢が溜まりやすくなっている方は包茎手術を考えてみられるのも良いでしょう。   ●性病 性病には、性器ヘルペスや性器クラミジア感染症、淋菌感染症や尖圭コンジローマといった様々なものがあります。   特に包茎の方はこういった性病にかかりやすくなる傾向があります。   というのも、包茎になると亀頭粘膜が日常的に露出していませんので、皮膚が薄くなりちょっとした事で傷つきやすくなります。   セックス時には亀頭は露出した状態になりますから、行為の最中に傷つきそこから性病が入り込みやすいのです。   また、性病の菌は包茎の状態だと繁殖、増殖させやすくなります。   対策方法として、コンドームを必ず着用すること、そして不特定多数の相手と性交渉をするのを避けることです。   性病に掛かる確率を下げる方法として、包茎手術をすることも一つの手です。  

 

包茎手術 よくある質問

この記事に関連する記事一覧