包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

包茎の手術にかかる時間は?


包茎手術をするうえで気になってくるのが、手術の時間ではないでしょうか。   やはりデリケートな部分の手術なので、長時間かかるのは不安になりますし、早めに終わってほしいと思うものでしょう。   ここでは、実際にどのくらいの時間で手術が終わるかについてお話していきます。   ●包茎手術の時間は大体30分 包茎の手術は比較的に単純な作業になります。   体の内部へ特別な施術をする事はなく、皮を切り取って縫合するだけです。   1時間以上かかってしまうことは極まれで、通常の手術なら麻酔を入れても40分で終わってしまいます。   時間も掛からず、大掛かりな麻酔も必要としないので、仕事終わりにクリニックへ行き包茎手術を受ける方もいるくらいです。   ●丁寧な手術でも、1時間も掛からない 亀頭直下埋没法という、傷跡が目立ちにくい手術の方法もありますが、より精密な作業が入るので通常の包茎手術よりも時間が掛かります。   しかし、その施術を選んだとしても基本的には1時間以内には終わってしまいます。   包茎手術のメリットとして、長時間の拘束を必要としないという点があります。   ●手術が短い時間で終わるメリット 手術が2時間~3時間にも及ぶようになると、強い麻酔を使用しなくてはなりません。   包茎手術に関しては、まず基本的に1時間以上掛かることはありませんので、強い麻酔を使う事はありません。   麻酔の事故は命に関わるような場合もあるのですが、包茎手術ではそういった心配をする必要はないでしょう。   包茎手術で使われる麻酔は、基本的に局部麻酔になりますので、全身に影響を与えるようなことはなく、手術後に体や意識がもうろうとする様な事はありません。  

 

包茎手術 よくある質問

この記事に関連する記事一覧