包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

包茎のリスクとは?


男性にとってコンプレックスや悩みの種になる包茎、現実に大きな危険性を持っているのはご存知でしょうか?包茎の種類、それぞれのリスクについてお話しいていきます。   ●性病にかかりやすい 性病といっても100%キャリアの方と成功したとして、必ず掛かるものではありません。   ですが、包茎の方の場合は確率が格段に上昇すると専門家から指摘をされているようです。   包茎であれば、真性、カントン、仮性のどの状態であっても掛かるリスクは高くなります。   性行為の最中に出血する可能性が高いのは、カントン包茎と真性包茎ですが、特に亀頭を圧迫する可能性が高いのがカントン包茎、皮が裂けて出血する恐れがあります。   傷口の部分から性病が感染する可能性を指摘されていますので注意したほうがいいでしょう。   ●においの問題 包茎で気になるのがにおいですが、包茎でない方と比べてみるとペニスからにおいが発生する確率は高くなります。   女性には特に嫌がられるにおいなので注意したほうがいいです。   においの原因は垢等という事もあり雑菌が繁殖している可能性もあります。   それを放置すると、においの以外にも皮膚に炎症が起こったり膿が出るなどの大きい問題へと発展する可能性が高くなります。   においがきつくなりやすい包茎は、真性包茎となります。   皮を剥くことが出来ない場合も多いため、亀頭を直接洗うことが困難となり、垢などが蓄積されるリスクがあります。   ●勃起不全の危険 勃起不全(ED)は男性にとって悩みの一つになりますが、包茎がEDの原因となっている場合があります。   考えられる理由としては、まずは見た目へのコンプレックスです。   包茎ですとペニスが不格好になってしまいます。   自分自身のペニスに自信が持てなくなる事で、勃起が心理的に出来なくなる事は多いのです。   また、カントン包茎の方の場合は、皮がペニスの亀頭の部分を圧迫するので、血行が悪くなり正常な勃起が出来なくなると指摘されており、大きな危険性を持っています。   ●性行為への自信がなくなる 早漏の傾向が強いと言われる包茎ですが、それによってセックスへの自信が無くなってしまうことがあります。   なぜ早漏になってしまうかと言うと、普段は包皮に亀頭が隠れているので、外部への刺激に対して弱くなるという理由があります。   早漏になりやすいタイプは仮性包茎がほとんどです。   反対に遅漏になりやすいのは、カントン包茎と真性包茎です。   それは、性行為の時にも包皮が亀頭を包んでいる為とされています。   これはどちらも目を背けられない問題と言えます。  

 

包茎手術 よくある質問

この記事に関連する記事一覧