包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

包茎だと早漏になるのか?


男性にとって早漏は大きな悩みになりえます。   女性とせっかく一夜を過ごせるときに、楽しめずに終わってしまう場合もあるのです。   早漏だと、女性が満足しないうちにセックスが終わってしまい、せっかく盛り上がっていたのに微妙な空気に…そうした経験が大きなトラウマとなって自分の自信を喪失する事にもなりかねません。   そこで是非チェックしてほしいのが、なぜ包茎は早漏になりやすいのか?です。   包茎と早漏の関係は事実はっきりしており、なぜ早漏傾向が強くなるかについて解説していきます。   ●外部の刺激に弱くなりやすい 亀頭には快感をつかさどる神経が集中していますから、ただでさえ感じやすい亀頭が刺激に弱くなってしまうと早漏になる原因となってしまいます。   包茎になりますと、常に亀頭へ皮が被る状態になる為、外部の刺激が亀頭に直接触れることがありません。   皮が常に剥かれている状態ですと、下着などに亀頭がこすれ刺激への慣れがありますから、基本的に早漏になる事がありません。   しかし、包茎の方はセックス時に亀頭が露出すると、刺激に弱くなっている亀頭のおかげで、我慢できずに射精してしまうのです。   ●早漏と思い込んでしまう 包茎=早漏というイメージを持つ方は、実はかなり多く、男性ばかりか女性にも浸透しています。   こうした思い込みが、心因的な早漏を引き起こしている事例があるのです。   「自分は包茎だから早漏なんだ」という風に考えてしまい、結果として早く射精してしまうこともあります。   仮性包茎であっても早漏ではない方は実はたくさんいますので、気にしないのが一番ですが、普段から皮をむく習慣をつけていれば亀頭が刺激に慣れてくれるので、早漏から脱却することも出来るのです。   ●包茎手術を受ける方法 仮性包茎の方が、包茎手術を受けるメリットとして、亀頭が常に露出されるようになり、何もしなくても刺激を常時受けられる状態になります。   手術し亀頭が露出した直後は、慣れない刺激に違和感を覚えることもありますが、慣れることには早漏も解決しているケースが多いそうです。   どうしてもセックスが楽しめない、包茎が気になるという男性は、包茎の治療を受けるのもおすすめです。  

 

包茎手術 よくある質問

この記事に関連する記事一覧