包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

Vカット小帯温存法とは?


性感帯である小帯をVカットし温存するVカット小帯温存法は、性感を落とすことなく包茎の治療を行える方法です。   この施術方法は、亀頭下環状切開術や亀頭直下埋没法と組み合わせて行われることが多いです。   多くのクリニックでは、オプションで提供されています。   小帯を正確に言うと包皮小帯と称されている部分にあたります。   亀頭はペニスの先の部分になり、その亀頭を包む余った皮を包皮と言います。   亀頭の先に尿道の穴が開いていますが、穴の下のほうに筋がついていますが、この筋は、亀頭と包皮をつなげる役目を持っています。   これが包皮小帯になり、性感帯である事でも知られています。   別名では裏筋(うらすじ)とも言われていますが、裏筋責めと聞いた事のある方は多いでしょう。   最近の一般的な施術の仕方は、亀頭のすぐ下をくるっと一周し切り取る方法になります。   これで、切開と縫合の跡を目立たなくする事ができます。   ですが、そのまま切り取ってしまうと小帯も一緒に切除してしまうので、性感が弱くなってしまう恐れがります。   また、見栄えも悪くなり、包茎手術後がバレてしまいやすくなってしまいます。   「性感の保存」「見栄えの維持」2つの目的のために小帯を温存する、というのがVカット小帯温存法になります。   具体的な方法としては、小帯の部分のみ残すようにしてV字にカットします。   多くのクリニックは、Vカットをオプション設定にしていますので、基本の料金にプラス支払いをしなくてはいけません。   なるべくなら必要のないオプションは避けるというのが基本ですが、小帯温存法はメリットのほうが大きくぜひ入れておきたいオプションです。   ・Vカット小帯温存法 メリット 手術後の小隊が手術前とほぼ変わらない。   性感を残すことができて手術がバレにくい。   ・Vカット小帯温存法 デメリット 料金が別途かかることがほとんど。   デメリットと言っても、オプションの料金はそこまで高くなるわけではありませんし、受ける事のメリットのほうが遥かに大きいのがこの手術の特徴でしょう。  

 

包茎手術の方法別

この記事に関連する記事一覧