包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

背面切開(バックカット)とは?


背面切開は、真性包茎・カントン包茎、また重度の仮性包茎の場合に多く採用される方法となります。   背面切開の手順は、包皮の開口部分より縦にメスを入れて亀頭を露出しやすい状態に広げて縫合するというものです。   包皮を切り取らない方法のため、子供の場合の手術にも適用されています。   手術時間も15分とかなり短いうえに、切開を行う部分も比較的少ないので身体の負担も少なく、傷の治りも早いので後遺症の可能性やリスクも少ないという利点があります。   しかし、まれにですが背面切開後にひどく腫れ上がるリスクもあり、腫れた部分の包皮が仕上がりに影響します。   余った包皮が左右にたるみ、結果見栄えの悪いペニスになるケースもあります。   真性包茎の場合ですと、傷が治った時にまた包皮と亀頭が癒着を起こすこともあるそうです。   そして、手術の効果が無くなり、目立つ傷跡が残るという事もあります。  

 

包茎手術の方法別

この記事に関連する記事一覧