包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

根部環状切除術とは?


包茎手術は、亀頭の周りを覆う包皮を切り取り縫合するのが一般的な方法になります。   ですが、この部分には性感帯が含まれており目立つ部分でもあります。   比較的に軽度の包茎の方向けの施術法としてお勧めしたいのが「根部環状切除術」です。   これは、別名バックカットとも呼ばれますが、目立ちにくい陰毛周辺の陰茎の付け根部分を切り取る方法になります。   根部環状切除術とは? バックカットとも言われる手術法ですが、名前通りにペニスの付け根のあたりを環状にぐるっと一周切り取る方法になります。   しかし、注意したいのが亀頭の裏皮に縦にメスを入れる背面切開と言う手術方法があります。   この背面切開をバックカットと呼ぶ医師や書くサイトもありますが不正確です。   人により用語法の混乱がありますので、名前だけで判断せず具体的な手術内容についてきちんと説明を受ける事が大事です。   近年の包茎手術の流行というと、亀頭のすぐ下の皮を切り取る方法になります。   メリットとしては手術が上手くいくとカリの突起から下の溝部分に傷跡が隠れるので、ツートンカラーになりません。   もちろん仕上がりも綺麗なので人気の高い施術です。   しかし、デメリットとしては高度なテクニックが必要になる為、リスクも少なからずあるというのが現状です。   また、亀頭を包む包皮の内側には、性感となる神経があるという事も指摘されており、この部分を切り取ると性感が落ちてしまう可能性があるとも言われるのです。   そうしたリスクを避けるため、いま注目されているのが根部環状切除術になります。   この方法は亀頭の近くにメスを入れる事がなく、ペニスの付け根部分の皮膚を手繰りよせて切除していきます。   傷跡は根部の陰毛に隠れますので手術跡が目立ちません。   包皮に対してメスを入れるような事もないので、包皮内板を傷つけたり無くすことがなく感覚が鈍る可能性がありません。   ツートンカラーが目立たず露出するペニスは自然のままですので、仕上がりも綺麗になります。   ですが、肝心の皮を根元まで寄せられなければ意味がありません。   重度の包茎により包皮口が狭い方などには適用できません。   包茎の中でも軽度の方に向いている手術方法と言えます。   この治療方法と似ているのが根元部固定法です。   切除はせずに接着剤を使用し根部に皮を固定してしまいます。   根部環状切除術・メリット 陰部に手術跡が隠れるので目立ちにくい 包皮内板を切る事がなく、性感帯を失うリスクがない 仕上がりが綺麗かつ自然 根部環状切除術・デメリット 傷跡が陰毛から透けて見える可能性がある 軽度の仮性包茎でなければ使用できない 切除の範囲が断定しにくく、ツッパリなどが起きる可能性がある

 

包茎手術の方法別

この記事に関連する記事一覧