包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

根元部固定法とは?


根元部固定法は切らない手術の一つで、仮性包茎のみに適用される施術法です。   他のカントン包茎や真性包茎には基本的に行うことが出来ません。   また、重度の仮性包茎の方にはお勧めできない方法です。   手順としては、亀頭を理想的な形に露出したあと、余っている包皮を医療用の接着剤にて固定するという方法です。   この方法のメリットは、メスは一切使用しませんので施術後の跡が残る事がなく、医療専用の接着剤を使用しますので皮膚へのリスクがありません。   また、手術した後の回復も早く、短い期間で入浴や性行為をすることが可能です。   反対に根元部固定法のデメリットを挙げると、接着剤による癖付けを促す方法なので、クセが包皮に定着せずに、半年で元に戻ってしまうという様な場合があり、そうなった時には、施術を再び受けることが必要です。   使用する接着剤も医療用ですが、まれに赤みやかぶれが出てしまう場合もあるようです。   肌の弱い方は別の方法を検討されたほうが良いでしょう。  

 

包茎手術の方法別

この記事に関連する記事一覧