包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

亀頭直下埋没法とは?


亀頭直下埋没法は、美容外科で頻繁に採用される施術法です。   難易度の高い施術で、勃起時のペニスの全長に合わせ余剰の包皮を切除したあとに、亀頭のカリの周囲に合わせて縫合を行う方法になります。   縫い目が目立たず、さらに性感帯である裏スジを切除することなく包皮のみを切除できるので、感度が鈍ることがありません。   ですが、難しい施術法のため、専門医としての経験の豊富さはもちろんのこと、高い技術や知識が必要とされます。   そうした技術のない医師が施術を行ってしまうと、亀頭が包皮に締め付けられて充血するカントン包茎のような状態になってしまったり、包皮の切開・縫合が的確ではなかったというような理由で包皮が被る状態に戻るようなケースがあります。   術後のデメリットとしては、入浴が2週間ほど出来ませんし(シャワーは可)、激しい運動なども1週間は行えません。   そして、3週間~1ヵ月は性行為やマスターベーションが行う事ができないなど、守るべきルールが他の方法と比べて多くありますので、様々な面を考慮しながら施術を行うか決めましょう。  

 

包茎手術の方法別

この記事に関連する記事一覧