包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

亀頭下環状切開術とは?


良い施術法を組み合わせて、さらにメリットの大きい手術法が開発されることがありますが、この亀頭下環状切開術は、亀頭直下埋没法と環状切開術を合わせた方法になります。   しかし、亀頭直下埋没法とVカット小帯温存法を組み合わせた手術と同じ手術方法であり、手術内容が同様でもクリニックによって名称が違う場合があります。   亀頭下環状切開術とは 包茎手術で最も一般的な手術方法は亀頭直下埋没法になります。   これは余った包皮の内側の粘膜を切り取った後、亀頭のちょうど淵にあるカリと言われる部分に合わせて縫合する方法です。   今は、この手術法を元に色々な手術方法が開発されていますが、亀頭下環状切開術もそこから生まれました。   環状切開術と合わせたと言いますが、亀頭直下埋没法も環状切開術の部類です。   包皮小帯といわれる性感帯を残すVカット小帯温存法を組み合わせたと言ったほうが正しいでしょう。   亀頭下環状切開術とは、つまり包皮の内側を切り取りカリで縫合し、小帯(性感帯)を温存する手術になります。   多くの包茎専門クリニックでは、亀頭直下埋没法が採用されていますが、Vカット小帯温存法もオプションという形でほとんどの医院で選択出来ます。   この手術をセットにしたのが亀頭下環状切開術になります。   各クリニックによっては、手術の名称に多少の違いがある為インターネットでも用語の混乱が起こっています。   手術内容が具体的にどういったものなのか、それぞれの医院で詳細を説明してもらうことが大切です。  

 

包茎手術の方法別

この記事に関連する記事一覧