包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

クランプ法とは?


クランプ法は、専用器具であるクランプを使用しペニスの施術部位を固定しながら切除を行うことができますので、医師の熟練度や技術力に関係なく施術を行える方法です。   施術時間が15分程度と短時間で終わり、出血が少ないため、多くのクリニックで使われていました。   しかし、クランプ法にはリスクやデメリットも存在しており、治療中に器具を使い皮膚を圧迫しますので切除面が固く目立ってしまいますし、切除面の位置も亀頭直下法なら上手く亀頭に隠すことが出来るのですが、クランプ法だと陰茎の位置にきてしまいます。   仕上がりの面を気にする方が大半の為か、このクランプ法の包茎手術はデメリットと言われる事が多いようです。   ですが、今でも一般的な泌尿器科でクランプを使用した包茎手術がほとんどです。   また、クリニックの中でもクランプの欠点を無くし改良したオリジナルの施術法を作り出し、仕上がりに自信をもって提供できるところもあります。   十分な技術力が無くてもミスが起こりにくく、簡単に治療ができるという所はクランプ法の優秀なところですが、実際にはクランプ法でも医師によって技術の差があるようです。   クランプ法だからダメと決めつけるよりも、安い包茎治療を掲載する医院こそ、きちんとした実績があるのか確かめる必要があります。   安いというだけで手術自体がいい加減で雑な出来ばえなら、あとから再手術が必要になり、さらにお金がかかり精神的にも辛い負担を強いられます。   重要なのは、施術の方法よりも医師の実績のほうです。   クランプ法を改良し自然な仕上がりを可能としたクリニックもありますので、クランプ法だからと言って仕上がりが駄目というわけではありません。  

 

包茎手術の方法別

この記事に関連する記事一覧