包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

上野クリニックの包茎手術はツートンカラーにならない


包茎手術の後遺症として有名なのが「ツートンカラー」です。   ツートンカラーとは、傷口を縫い合わせたラインを境に、古い部分と新しい部分の色が異なり二色になってしまうことを指します。   環状切開法と呼ばれる包茎手術を行うと、ツートンカラーになりやすいと言われています。   上野クリニックのような男性クリニックではなく、泌尿器科で安い費用で包茎手術すると、後の仕上がりを気にしない環状切開法になってしまい、包茎手術をしたことが後から見てすぐに分かるようになってしまいます。   パートナーにもすぐに分かってしまいますし、一生残ってしまうのでうれしくありません。   高い技術を持つ上野クリニックで手術を行うとそのようなことはありません。   上野クリニックは仕上げにこだわった亀頭直下デザイン法で、満足の仕上がりにすることができます。   上野クリニック

 

タグ :

上野クリニック

この記事に関連する記事一覧