包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

カントン包茎の危険性


仮性包茎の場合は、亀頭部を自由に出し入れすることができるので、包茎手術をしなくても問題ありませんが、カントン包茎の場合手術しないと危険性はあるのでしょうか?カントン包茎は度合いにより、手術をしないと危険性があることがあります。   包皮が狭いとはいえ、自由に亀頭を出し入れできる軽度のカントン包茎でしたら、最悪手術しなくても大丈夫です。   重度のカントン包茎になると、包皮を無理やりむいたときに、狭い包皮口が亀頭を圧迫することになってしまい、亀頭が鬱血してしまう危険性があります。   包皮が元通り亀頭にかぶせることができない状態になると、かなり危険です。   鬱血している部分が悪化すると、性器がふくれあがり大変な事態になるので、すぐに病院に行かないといけません。   重度の場合は包茎手術が必要になります。  

 

タグ :    

カントン包茎(嵌頓包茎)

この記事に関連する記事一覧