包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

カントン包茎の治し方


カントン包茎は、皮をむいて亀頭部を露出をすることは可能なものの、包皮口が狭すぎるため性器を圧迫してしまう包茎です。   カントン包茎は亀頭を露出することはできても、勃起すると痛みを感じることがあります。   最悪の場合、勃起したまま包皮を戻せなくなってしまい、鬱血してしまうことがあります。   このカントン包茎の治し方はどのようなものがあるのでしょうか?締め付けがゆるい軽度のカントン包茎の場合であれば、治し方としてむいたり戻したり何度もしている内に自然に治ってしまうという例もあるようです。   しかしそのような治し方だと、自力で治そうとしている内に、包皮が戻らない等の事故に発展してしまう恐れもあります。   セックスするときのことを考えても、一度病院でしっかり治療しておくことが大切になります。  

 

タグ :    

カントン包茎(嵌頓包茎)

この記事に関連する記事一覧