包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

カントン包茎の手術


軽度のカントン包茎であれば、包皮をむいたり戻したりしている内に、少しずつ包皮輪が広がっていって、手術しないでも治ることがあります。   しかし重度のカントン包茎の場合は、包茎手術をして安全な状態にしておく必要があります。   カントン包茎の手術でよく行われている手術法には、背面切開術と亀頭直下埋没法の二つがあります。   背面切開術は切開部分が少なくてすむ手術です。   また傷の治りも早いので、手術法として取り入れている病院もありますが、手術後の傷痕が目立ちやすくなってしまいます。   包茎手術専門クリニックで取り入れている亀頭直下埋没法の場合、勃起した時の陰茎のサイズを測り、余分な包皮を切除して、亀頭の下の部分で縫い合わせます。   そのため、手術の傷は目立ちにくく、きれいな仕上がりになります。  

 

タグ :    

カントン包茎(嵌頓包茎)

この記事に関連する記事一覧