包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

カントン包茎の矯正


重度のカントン包茎の場合、病院で包茎手術する必要がありますが、軽度の場合自分で矯正することにより治される方もいます。   むいたり戻したりを少しずつ繰り返して、矯正していきます。   しかし亀頭が元の状態に戻らないなど大変な事故につながる恐れもあります。   インターネット等では、カントン包茎の矯正器具も販売されています。   矯正器具を使えば、二週間程度で包皮が無理なくむけるようになり、亀頭部を露出することができるようになります。   包茎手術専門クリニックで手術を受けると、亀頭の下の目立たない部分で縫い合わせをするので、手術後の傷は目立たなくなります。   しかし小さな傷はどうしても残ってしまいます。   その点矯正器具でカントン包茎を残すと、傷が残るようなことはなくなります。  

 

タグ :    

カントン包茎(嵌頓包茎)

この記事に関連する記事一覧