包茎手術

包茎手術パーフェクトガイド

カントン包茎 露出


カントン包茎は一見すると、仮性包茎のように一応皮がむけるので、問題ないかのように思える包茎です。   しかしカントン包茎は、勃起して亀頭部が露出したまま、元のように皮がもどらなくなってしまうことがある危険性のある包茎です。   カントン包茎が事故につながる大きな原因は、包皮口が非常に狭いにもかかわらず、強引に包皮をむいて亀頭部を露出させることです。   その結果包皮が戻らなくなってしまったり、亀頭部が締め付けられて鬱血したりしてしまうのが原因です。   痛みを感じるようでしたら、露出できるからといって亀頭部を露出させるのは大変危険です。   カントン包茎の場合、無理をしないで包茎手術を行い、原因を解消し、亀頭が無理なく露出できるようになることが必要です。  

 

タグ :    

カントン包茎(嵌頓包茎)

この記事に関連する記事一覧